おすすめの転職エージェント一覧はこちら

通勤時間が片道一時間半にメリットはあるの?電車通勤の注意点と時間の使い方6つを紹介

あなた

転職活動中だけど、通勤時間が片道一時間半以上かかる仕事が気になってる。
通勤時間がかかるように感じるけど、大丈夫かな?

あなた

通勤時間が片道一時間半以上かかって、ストレスに感じる。
時間の有効活用の方法はあるのかな?

こんなお悩みを持っている方に向けた記事です。

結論からお伝えすると、通勤時間が長いことは、私の体験からもおすすめはできません。

通勤時間が、片道一時間半以上かかる場合は、往復3時間以上の時間を移動に使っています。
人生の大切な時間を毎日3時間もムダにしていると考えると、かなり損をしていることがわかりますよね。

しかし、すでに事情があって、長距離の通勤時間の日々を送っている方もいると思います。

本記事では、通勤時間が片道一時間半以上かかる場合のメリット、デメリットや、時間の有効活用の方法を紹介します。

これから仕事を探す場合に、通勤時間に対して、どんなことに注意すればいいのかも合わせてお伝えします。

目次

通勤時間の平均は一時間半より長いか短いか?

予想通りでしょうが、通勤時間が一時間半以上かかる場合は、平均より長いです。
ざっくり計算すると、平均の約5~6倍の時間を費やしています。

総務省統計局の出しているデータをもとにお伝えします。

出典 「平成28年社会生活基本調査結果」(総務省統計局)

通勤時間の全国平均は往復で34分です。
ちなみに、34分なのは片道なのかな?と感じてしまったため、総務省統計局 統計調査部 国勢統計課 労働力人口統計室 審査発表第三係へ確認しました。
回答は一日当たりで使う通勤時間とのことで、表の通勤時間は『往復の時間』でした。

都心や地方の地域差もあるでしょうが、通勤時間の平均が、一時間半よりも短いことは明白ですね。

ちなみに、男女や年代により差が出ている結果もあったため、そちらも見てみましょう。

出典 「平成28年社会生活基本調査結果」(総務省統計局)

上記の表を参照して、男女別に25~59歳の世代に分けて平均値を計算しました。

25~59歳の男女別通勤時間の平均

  • 男性(25~59歳)の通勤時間の平均は55.4分。
  • 女性(25~59歳)の通勤時間の平均は31.7分。

この結果を見ても、片道一時間半以上の通勤時間は大幅に平均を超えていることがわかりますね。

往復にすると3時間ですから、平均値からするとざっくり3~6倍の時間を通勤に使っていることになります。

私は、電車通勤で片道一時間半以上の通勤をした経験がありますが、転職をして現在は片道30分です。
正直、体力的にも精神的にも、ストレスのかかり方がまるで違います。
睡眠時間も、以前に比べて1時間は多くとれるようになりました。

通勤時間が一時間半以上のメリット

通勤時間が長いことは、悪いことばかりではありません。
時間の使い方を工夫すれば、メリットになります。

自分の時間を作ることができる

通勤時間を自分の時間として楽しむ方もいます。
今はスマホ一つあれば、趣味も勉強もできますよね。
ご家庭のあるママ、パパの場合、なかなか自分一人の時間を持つことが難しいことも多いでしょう。

「通勤時間が、自分にとって唯一のリセットできる時間だ」と話す方もいます。

仕事や家庭で忙しい方は、意外と通勤時間をひそかな楽しみにしていることもあるのです。
後ほど紹介するような、有意義な過ごし方などを参考に過ごしている場合は、自分の時間として楽しむことができます。

考える時間を作ることができる

通勤時間は考え事をするのにピッタリな時間です。
意外と考え事をする時間って、なかなかありませんよね。

何もすることがないと、すぐにスマホを手に取ってしまいませんか?
家に帰ると、家事をしたり、動画を観たりSNSをしたり、案外何かやっていることが多く、考え事をする時間がなかなかとれません。

今日の仕事の失敗や、これからの将来のことなど、時間をかけてしっかりと考え事をするべきことはたくさんあるはずです。
通勤時間は一人になれますし、調べ物もスマホでできるため、何かを考え込むには丁度良い時間なのです。

不要な付き合いを断る口実になる

自宅が遠いと、不要な付き合いを断る口実になります。
前提として、付き合いがあまり好きではない方向けのメリットですね。

例えば、仕事終わりに飲み会に誘われても、「家が遠いから」と言って断ることができます。
しかし、職業柄付き合いが多く、断れない方もいると思いますよね。
その場合は、「終電が早いから」というように、早めに切り上げる理由になります。

通勤が遠い人のことを、周囲は結構「大変そう」と見ていることも多いため、有効な手段だったりします。

定期券を利用できる

電車通勤の場合、定期券を使用できること自体がメリットになります。

地方から都心へ通勤している場合、休日に都心へ遊びに行く場合は、定期券が使えますね。

また、仕事の帰りに通勤ルートの駅へ寄り道をすることができます。
気になったところへ気軽にいけることは、とてもお得感がありますね。
通勤が一時間半以上かかっている方は、距離的にもさまざまな駅へ降りることができるでしょう。

私も、23区に電車通勤しているときは、途中下車ができる駅へ寄り道したり、少し気になった新店舗に気軽に寄れていました。

上手く活用すれば、遊びに行く交通費を浮かすことができてお得です。

通勤時間が一時間以上のデメリット

一日の貴重な時間を通勤に使うことには、大きなデメリットがいくつもあります。
当然ですが、これから仕事を探す方は、デメリットがあることもしっかりと頭に入れておいて下さい。

通勤時のラッシュがストレスになる

朝も夜も、通勤時の電車は満員電車になりやすく、ストレスになります。

私は以前、一時間半かけて電車通勤をしていましたが、座れずに満員電車の中で過ごすことが嫌で嫌で仕方ありませんでした。
特に夏場は、乗客同士が密着しながら、お互いにぬくもりを感じ合います。(夏場にぬくもりはいらないのです。)

2021年現在では、感染症対策で満員電車は減っています。
しかし、また復活する可能性は十分にあります。

身動きが取れない、湿気がすごいなどに不快感を感じる方は電車通勤には向いていません。
リモートワークの定着を強く祈ります。

家に着く時間が遅くなる

仕事が終わった後に、自宅に到着する時間が遅くなります。

自宅に到着する時間が遅くなることは、仕事が終わったあとに、何かをする時間が減ることになってしまいますよね。

当然ですが、仕事が18時に終わっても、帰宅時間が一時間半と30分では、一時間程度の差がでます。
この一時間で、何ができるでしょうか?

自宅でのんびりくつろぐ
料理をする
帰り道に寄り道をする

通勤時間は、他に何かできるはずの時間を、毎日必ず移動に使っていることになります。

通勤時間でも、同様のことはできるかもしれません。
しかし、通勤時間であることに変わりはありません。

自宅へ到着する時間が遅くなることは、自由な時間を捨てていることになります。

大量の時間を捨てている

日々の通勤時間を年間で換算すると、大きな時間を失っていることになります。

前述したように、通勤時間は自由な時間を捨てていることになります。
そのため、日々の通勤時間を年間で換算すると、大きな損失になってしますのです。

【片道一時間半の通勤時間で失う年間の時間】

例:一日3時間の通勤時間×240日(出勤日数)=720時間/年間

片道一時間半で通勤している場合、年間で720時間の自由時間を失っていることになります。

人が何かを学習するための最低時間は「1千時間の法則」と言われます。

TOEICでも、資格でも、何か勉強しようとしている方は、一千時間勉強することが成功につながるのです。

年間で換算したときに、通勤時間に一千時間に近い時間を使っている場合、何かできたはずの時間を失っているのです。

トラブルのときに家にすぐ帰れない

何かあったときに、すぐに家に帰れないことがあります。
特に、災害時は深刻です。

私は2011年に震災が起きた時、片道一時間半をかけて都心へ電車通勤していました。し
かし、震災で電車が止まり、すぐに帰ることができなくなりました。
家族の安全を確認してからは、しばらく東京の友人の家に泊まり、電車が復活してから帰ったのです。

災害に限ったことではありませんが、家族に何か心配なことがあったときに、すぐに帰れないことは強い不安を感じることがあります。
特に、現在は災害や感染症など、ネガティブなニュースが多い時代です。
とっさのときにすぐに対応できる対策をしておくべきでしょう。

電車通勤の場合の時間の使い方6選

通勤時間が片道一時間半の場合、年間720時間を通勤に使います
その時間を何もせずに過ごすことは、時間を捨てているようなものです。

これから仕事を探す方は、電車通勤の過ごし方をしっかりとイメージしておきましょう。
また、すでに長距離の通勤をしている場合は、過ごし方を改めて考えてみて下さい。

ニュースサイトのチェック

最新のニュースのチェックは、ビジネスマンには必須のことでしょう。
経済ニュースから、話題にできそうなスポーツ、エンタメトピックなど、いろいろ調べることはあります。

しかし、意外にニュースサイトのチェックする時間は少なくありませんか?
朝は自宅では忙しいでしょうし、職場ではすぐに仕事に取り掛かります。

ビジネスニュースのチェックは、通勤時間のようなスキマ時間で行うのに丁度いいですね。
また、調べ物も通勤時間に集中すると効率が良かったりします。

聴くだけの読書

聴くだけの読書は、満員電車や立っていても手軽にできるため、通勤時間の過ごし方としておすすめです。
最近は利用者もずいぶん増えているサービスなので、ご存じなのではないでしょうか?

スマホとイヤホンでインプットできるため、電車通勤をするビジネスマンの心強い味方ですね。
まだ利用したことがない方は、ぜひ一度試してみて下さい。

通常の読書は、意外と疲れてしまってははかどらないことが多いです。

聴くだけの読書なら、ぼーっと外を眺めながらでも耳から自然とインプットできます。

話題のビジネス本から、小説までをプロのナレーターさんや声優さんが朗読してくれます。

耳のすき間時間を有効活用できるので、通勤中のムダな時間を有効活用できるんです。

今なら無料体験を楽しめるので、ぜひチェックしてみて下さい。

読書

通勤時間の王道の過ごし方、読書です。
スマホが普及してからは、読書人口が減っていて、なんだか寂しく思いますが。。。

読書をするときは、紙の本もいいですが、持ち運びが便利なkindleなどの電子書籍リーダーがおすすめです。

電子書籍なら、気になった本を電車の中でもワンクリックで購入してすぐに読むことができます。

本屋に行く時間があまりないような忙しい方でも、手軽に読書を楽しむことができるんです。

また、Amazonが提供している、月額サービスの『kindle Unlimited』なら、登録されている200万冊以上の本やマンガを読むことができます。

初めて登録する方は、30日間の無料体験が可能です。
月に一冊以上読書をする場合はお得なサービスですので、公式サイトからぜひチェックしてみて下さい。

スマホで副業

知られていませんが、通勤時間は、スマホで副業をする時間としても使えます。

どうやってやるの?という方も多いでしょうが、クラウドワークス のような副業を紹介しているサイトに無料で登録すれば、手軽に副業をすることができるのです。

副業サイトで紹介されている副業はそれぞれ難易度が異なります。
webサイト作成やプログラミングのような、PCが必要な副業は難しいでしょう。

副業を紹介しているサイトは、スマホでできるような副業を多数掲載しています。

スマホでできる副業

  • アンケート回答
  • ライティング
  • 商品やサービスのレビュー
  • ロゴやバナーなどの画像作成
  • キャッチコピーなどのネーミング
  • ポイ活 etc…

実はスマホでも、上記のようにチャレンジできる副業がたくさんあります。

通勤時間まで仕事したくないかもしれませんが、会社以外の仕事に挑戦することは、スキルアップや収入アップのチャンスです。

勉強を兼ねて副業をするビジネスマンは増えているので、この機にチェックしてみてはいかがでしょうか?

日本最大級のオンラインのお仕事マッチングサイト!副業や在宅ワークにおすすめ
クラウドワークス へ通勤中に無料登録して、すぐに副業が始められます。

資格や仕事の勉強

通勤時間は、資格や仕事の勉強をするのに向いています。
通勤時間が一時間半もある場合、強制的に年間720時間も勉強することができます。

家に帰った後は、仕事の疲れもあり、ついのんびりしてしまう方も多いのではないでしょうか?

前述したような、オーディオブックのようなサービスも充実しています。
手軽にはじめられるような勉強から初めて、あなたのキャリアアップにつなげてみて下さい。

動画視聴

動画視聴で、映画やアニメを楽しむこともできます。
通勤時間が、唯一の自分の時間として使える方も多いでしょう。

動画視聴などで映画やアニメ、ドラマ鑑賞を楽しむことで、仕事と家庭の間でリセットすることができます。

U-NEXT日本最大級の動画サービスで、31日間の無料トライアルを実施しています。
映画、ドラマ、アニメなど220000本以上を配信しています。
鬼滅の刃や呪術廻戦など、人気のアニメも見放題です。

通勤時間が一時間半の場合は、映画が一本観れますね。
仕事で疲れて帰る時間は、帰宅するまでに好きな動画を観てリフレッシュして帰りましょう。

これから通勤時間一時間半以上の仕事に応募しようか悩んでいる場合

これまで、通勤時間のメリット、デメリットや、通勤時間の過ごし方を紹介しました。

結論をお伝えすると、もしあなたがこれから仕事を探すのであれば、通勤時間に片道一時間半以上かけることはおすすめしません。

それでも通勤する場合は、本記事のの注意点を、しっかりとチェックして下さい。
不安に感じる場合は、冷静に考える必要があります。

通勤経路はしっかりと調べること

同じ電車通勤でも、乗り換え回数や路線、乗車する時間帯でも環境は大きく変わります。

私は片道一時間半以上かけて通勤しているときに、下記のようなことがとてもストレスに感じていました。

【これから電車通勤をする場合に必ず確認すること4点】

  • 乗り換え回数の確認(3回以上の乗り換えはとても疲れます)
  • 満員電車の時間が長いか?
  • 家や会社までの徒歩の距離(徒歩の距離が長い場合、電車が遅れた時に遅刻しやすい)
  • 乗車してすぐに座ることができるか?

私の経験からですが、上記の4点は必ず確認して下さい。

応募する場合は、あなたが通勤するであろう時間帯に、実際に乗車してみるのが良いでしょう。
一度乗っただけでストレスを感じるのであれば、おすすめしません。

電車通勤は多少は慣れますが、毎日ストレスを感じ続けることはよくありません。

時間と引き換えにしてもしたい仕事なのか?

「長い通勤時間をかけてまで、希望する仕事に就きたいのか?」をよく考えましょう。

せっかく頑張って就活や転職活動をしても、通勤時間がストレスになって退職してはもったいないからです。

  • キャリアアップが目的
  • 今よりも給与面や待遇面の条件が良くなる
  • 一人暮らしをするまでの資金を貯める間だけ

通勤時間が長い場合は、仕事をすることにモチベーションがある場合にしましょう。

すでに通勤時間が一時間半以上の仕事をしている場合

すでに片道一時間半で通勤をしている方も多いでしょう。
本記事を読んでいただき、通勤時間に対する考えや過ごし方の幅が広がったかと思います。
しかし、それでも通勤が辛いと感じている方も多いと思います。
そんな場合に、すぐに実践できる対策を紹介します。

過ごし方を考える

通勤時間でできることを、改めて考えて用意してみて下さい。

本記事で紹介したような、時間の活用方法は他にもあると思います。

自分にあった過ごし方を考えてみるのもよいでしょう。

思わず熱中できることや楽しめること、目標が見つかればモチベーションが上がり、通勤時間を有意義に過ごすことができます。

アドバイスとしては、何でもいいのでまずやってみることです。

何もしなければ、これまで通り辛い通勤時間が続くだけです。

辛い場合は会社に相談する

リモートワークができないか、会社の相談できるなら、してみてはいかがでしょうか?

今はリモートワークが普及しており、そもそも通勤をしていない方も多くいます。

あなたの会社がリモートワークができそうなのにしていない場合は、上司に相談してみるといいでしょう。

私の友人の会社は、全日でなくとも、週に1、2回リモートワークを取り入れている会社があります。
週に数回でも通勤時間がなくなれば、かなりのストレス軽減になります。

職種的に、業務に支障がないようであれば、会社に相談してみるのもありでしょう。

家でやらなければならないことを減らす

仕事から帰宅してからやることを減らすことも、通勤時間のストレスを減らすのに有効です。

帰りながら、家に帰ってからやることを考えると、疲れてしまいますよね?

特に炊事や掃除、洗い物などの必ずやらなければならないことは、時間を使います。
自分でやらずに利用できるサービスがある場合は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

  • 帰ってから行う掃除や炊事を、家事代行サービスに依頼してみる
  • 食事の後の食器洗いは自動食洗器を使って時短する

家事代行サービスや、便利な家電を利用することで、多くの時間が自由に使えるようになります。
帰ってからやることがあるだけでストレスになることもあるため、やらなくていいことはリスト化してみて下さい。

おすすめの家事代行サービスは、下記で詳細を見られます。

転職してワークライフバランスを整える

転職することで、通勤時間や働き方が変わるようにすることも方法の一つです。

現在はワークライフバランスが尊重されていて、転職の理由としても人気になっています。

私も、転職することで通勤時間を短くすることができ、ワークライフバランスが改善されました。

転職活動をすると、通勤時間を含めて、より良い条件の会社に転職ができるのか確かめることができます。

転職活動をすることで、あなたにどれくらいの選択肢があるのか確かめることができるのです。

私も、通勤時間でストレスを感じているときに転職活動をしました。
現在は通勤時間が当時の3分の1で通勤できる会社へ勤めています。

転職サイト転職エージェントは無料で登録でき、あなたの転職活動をサポートしてくれます。
相談するだけでも大丈夫なので、まずは無料登録してどんな企業が応募しているのか見てみて下さい。

転職活動の始め方がわからず、不安な場合はこちらを参考にしてみて下さい。
あなたに合う通勤時間の仕事を探すならこの転職サービスをチェック!

まとめ

  • 通勤時間がムダだと感じるなら有効活用する方法を考える
  • 通勤時間に退屈してるなら、何か一つやってみる
  • ストレスを感じているなら、会社に相談するか、環境を変えるように努力する
  • これから通勤時間一時間半以上の仕事を希望する場合は、おすすめはしない

初めからお伝えしていますが、結論としては、通勤時間が片道一時間半以上は、おすすめしません。

しかし、人それぞれに事情があり、通勤時間をかけてでも勤務しなければならない場合も多くあると思います。

これから仕事を選ぶ場合は、本記事で紹介した注意点をしっかりと確認してください。
今の通勤時間が辛い方は、過ごし方を変えてみたり、転職活動をしてみて選択肢を増やしてみることをおすすめします。

あなたにとって、通勤時間が有意義な時間になるとこを応援しています。

通勤時間の相談ができる、おすすめの転職エージェントサービスはこちらからチェックできます。
ぜひクリックしてみて下さい。

スポンサーリンク




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

営業職をしている30代の会社員です。
当ブログでは、仕事、転職、子育てについて経験や勉強したことを発信していきます。
よければ、お役立てください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる