おすすめの転職エージェント一覧はこちら

『転職の思考法』は転職活動のバイブル!行動するための思考法

こんにちは。管理人のヒヅメです。

本記事は、『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法』という本についての書評記事です。

今の仕事や会社に不安がある

転職を考えているけど、やりたいことが見つからない

自分の強みが見当たらない

等々、転職を検討する際は、不安に感じることがたくさんあります。

本書はそんな大きな悩みに対し、ロジカルな回答を用意してくれています。

上辺だけの方法論ではなく、思考法そのものを学べるため、自分の考えが行き詰っている場合はぜひ読んでみて下さい。

内容はストーリー仕立てで、転職活動を行う自分に自信のない30代の会社員、青野が主人公です。

主人公は、多くの方が共感できるような設定の人物ではないでしょうか?

会社や仕事で悩むことや、考えることは非常に共感できます。

主人公の青野へ、黒岩というコンサルが様々なアドバイスをしていきます。

黒岩は非常にロジカルな思考法を、青野に分かりやすく説明するため、難しい本が苦手な私でも一気に読むことができました。

是非、本記事で『転職の思考法』の良さを知っていただけると幸いです。

ちなみに私は転職活動を始める際に本書を読んで、内容がクリティカルに刺ささりました。

考え方だけでなく、行動する勇気もくれる転職活動のバイブル的な一冊です。

目次

『転職の思考法』の著者はどんな人?

著者は、北野 唯我さんです。

『転職の思考法』だけでなく、人間関係についての悩みついてを記した『天才を殺す凡人』や、本書では書けなかった本質について書かれている『これからの生き方。』等、著書全てが全サラリーマン必読レベルです。(管理人談)

ご本人は、サラリーマンから経営者に転身している方です。

どの本からも、人に対しての理解の深さや愛を感じることができるため、新卒の方や学生のような若い方にも読んでほしいです。

転職の思考法を読んで学べる事

マーケットバリューの考え方

本書を読むことで、転職において必要なマーケットバリューという考え方を学ぶことができます。

転職の軸がないと、「今の環境から逃げる」ことが目的となってしまい、「なんのための転職か?」という重要な目的を見失ってしまいます。

場当たり的な転職は、失敗を招くことも多いです。

本書では、「マーケットバリュー(転職市場における自分の市場価値)」という言葉が登場します。

簡単に説明すると、「転職市場で自分がどれくらい評価を受けるキャリアを持っているのか?」を測るための言葉です。

このマーケットバリューを高めるためには、生産性が高い業界に身を置くことが重要だと言われています。

各業界の生産性の差は、高い業界と低い業界を比べると最大20倍もの差があるそうです。

身を置く環境を選んで変えるだけで、給与に差が出ます。

更に、伸びている業界での経験は、衰退している業界での経験よりも転職市場で評価されやすい傾向にあります。

つまり、自分のマーケットバリューを高めたい方にとっては、業界選びが最も重要になってくるということです。

伸びるマーケットの選び方は2つ

それでは、生産性の高い業界はどのようにして探したらよいのでしょうか?

いずれ大企業の強豪となるような急成長中のベンチャーが複数いること

強いベンチャーは、世の中の流れに乗って戦っています。

世の中が必要としていることに特化して戦っているのですから、場合によっては大企業に勝てることもあります。

各業界のベンチャーを検索したり、転職サイトで調べていくことで、どの業界に強いベンチャーが参入しているのかが分かります。

既存業界の非効率を突くロジックに着目する

成長する企業は、創業時から独自のロジックを持っています。

これまで誰もがやらなかったが、有益だと分かれば、他の会社も新規参入してくるサービスを一番最初に行っている会社を探すことが重要です。

例えば、医療業界はオンライン診療等を取り入れて、これまで病院に行くことが普通だった非効率な部分に、アプローチしている企業もあります。

強固なロジックを持つ企業を探すことで、伸びるマーケットを探すことができます。

マーケットバリューがもたらしてくれるもの

高いマーケットバリューを手に入れることができれば、今後の転職市場において、企業から評価されやすくなります。

つまり、マーケットバリューを高めることは、転職の際の選択肢を増やすことにつながります。

どんな技術や人脈を持っていても、生産性の低い業界では、活かしきることができない可能性があります。

しっかりと転職市場を見極めて、自分のマーケットバリューを高めましょう。

『転職の思考法』を読む前と読後で何が変わる?

やりたいことではなく、自分のマーケットバリューを上げることを転職の軸にすればいいのか!

やりたいことではなく、マーケットバリュー(自分の転職市場における価値)を上げるための転職にするという新しい考え方が手に入ります。

今の仕事に漠然と不安を感じている

やりたいことがない

自分の強みがわからない

転職の際によくある悩みとして、以上のようなことが挙げられます。

本書はあなたのマーケットバリューを高めるという、これまでとは異なるアプローチをしてくれます。


やりたいことが明確な人間は1%程度だと言及されています。

あなたが残りの99%である可能性が高いのなら、自分の力だけでなく、成長業界の力を借りましょう。

「やりたいこと」ではなく、「どのような状態でいたいか?」という思考を軸にすることで、転職の軸を明確にすることができるでしょう。

転職の思考法を読んで印象に残った言葉3選

転職は意思決定の中でも重要な事柄です。

特に転職活動が進んでくると、決断しなければならない不安と戦うこともあります。

本書の中から、そんな時に思い返したいセリフをセレクションしました!

意味のある意思決定というのは必ず、何かを捨てることを伴う

『転職の思考法』より引用

転職を恐れる理由の一つに、自分が頑張って就いた仕事を捨てることがあります。

思い返すと、私はこれまでの人生で、何かを得る選択は多くしてきましたが、何かを捨てる選択をした経験は少ないです。

しかし、自分にとって足かせになるものであるなら、捨てる勇気も必要だと考えさせられました。

自分の信じていないものを売る、これほど人の心を殺すことはない

『転職の思考法』より引用

会社員にとって、言われたくない言葉かもしれません。

「自分の売っているものは誰かの役に立っているのか?」

そして、信じていない商品を売るには多くの小さな嘘をつかなければならないと黒岩は言います。

嘘を重ねたキャリアに、高いマーケットバリューはつかないでしょう。

自分が正直に信じられる仕事をすることが、一番大切なのだと思います。

消去法で会社に残っている人間に、いい仕事はできない

『転職の思考法』より引用

個人的に、このセリフが一番刺さりました。

自分はなぜ今の会社にいるのか?

その選択は、自分の意思で決めたことなのか、それとも消去法で決めたことなのか。

重要なことは、自分で選ぶことのできる、転職という選択肢を持つということです。

仕事という人生において、大きな意思決定を、自分の意思で行っていないのでは、この先も大きな決断をすることはできないのではないでしょうか。

読む前と読後は何が変わる?

結論、本書を読むことで、自分のマーケットバリューを高める思考法と、転職における軸が明確になりました。

特に、どのような業界を選ぶかでマーケットバリューが大きく変わります。自分のマーケットバリューを高められるような、生産性の高い業界を選ぶのが良いでしょう。

私は、読む前に漠然と感じていた今の仕事や転職への不安がなくなりました。

今後自分がとっていく行動が明確になったために、不安が解消されたという感じです。

まとめ

・マーケットバリューを高めることのできる業界へ転職する

・伸びるマーケットには複数のベンチャーが参入している

・既存の業界の非効率を突くロジックを持つ企業を探す

・転職か今の会社に残るかは、自分の意思で決める

『転職の思考法』は、自分の大切な軸を見つけることで、転職という選択肢を作っていけると気づかせてくれた本でした。

本記事でご紹介した思考法は一部ですので、転職の思考法をより詳しく知りたい方は是非一度読んでみて下さい。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法 [ 北野 唯我 ]

本記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた!

おすすめの読書サービス

「本を読む時間がない…」「勉強したいけど活字は苦手」なんて方にもおすすめのサービスです。

通勤時間や家事の時間など、1日のうちに存在する「耳のすき間時間」を有効活用しませんか?

読み進めるのではなく、聞くだけのスタイルのため、忙しい方でも聞きながら勉強できます。

今なら30日間無料のお試し期間があるため、気軽に体験できます。

忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる – audiobook.jp

スポンサーリンク




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

営業職をしている30代の会社員です。
当ブログでは、仕事、転職、子育てについて経験や勉強したことを発信していきます。
よければ、お役立てください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる