おすすめの転職エージェント一覧はこちら

リファレンスチェックを実際に受けたときの内容と体験談を紹介

リファレンスチェックは、応募者の背景や具体的な人物像を知るために活用されている選考方法です。

私も転職活動をしていて、リファレンスチェックを受けたことがあります。

しかし、リファレンスチェック自体、なじみがなく嫌煙する方もいるでしょう。
私は、株式会社ROXXのリファレンスチェックサービスである『バックチェック』を通してリファレンスチェックを受けました。

https://backcheck.jp/
参考:株式会社ROXX backcheck ホームページより

リファレンスチェック・バックチェックの流れ

①企業からリファレンスチェックの案内を受ける
②推薦者を決める
③推薦者にバックチェックでリファレンスチェックを行ってもらう


流れとしては非常にシンプルですが、注意点等踏まえて、バックチェックを受けた体験談をお伝えしていきますね。

目次

リファレンスチェックを依頼されてからの流れ

どのようにリファレンスチェックを依頼されるか

企業の面接を受ける際に、担当の面接官から「最終面接前にリファレンスチェックを行います」と言われました。

転職エージェントを通さず、企業に直接応募していたので、面接官から直接案内を受けたようです。

案内はどのように来るか?

後日、バックチェックの案内がメールで届きました。
メールを受け取ってから、締め切りが1週間程度しかなくて、慌てて推薦者を決めましたね。

推薦人は「上司、先輩、後輩どなたでもよくて2名を選んで下さい」と企業から依頼を受けました。
相手と必要人数は、企業により異なるため、要確認でしょう。

推薦者は誰に依頼するか?

私は、普段から良くしていただいている上司と同僚にお願いしました。

推薦をお願いしたときは、二人とも「リファレンスチェックって何?」という感じだったため、しっかりめに説明をしました。
この段階でしっかりと推薦人の理解を得られるかが、リファレンスチェック成功のカギを握るでしょう。
推薦者には、リファレンスチェックに協力してもらう感謝と一緒に、しっかりと説明をしましょう。


推薦者が決まれば、専用のフォームから推薦者のメールアドレスを入力して、サイト上で自分がやることは終了です。(メールアドレスは、私用のメールアドレスを指定されます)
後は、推薦者がバックチェックを通してリファレンスチェックを行ってくれるようにアナウンスを行う程度です。

リファレンスチェックが完了すると、自分宛てに完了メールが来ます。

バックチェックでは推薦者はどんなことを行うのか?

どうしても気になって、後でこっそりと推薦者にリファレンスチェックの内容を聞いてみました。
リファレンスチェックの内容が気になりましたし、自分に対してどのような質問をされたのか知りたかったからです。

推薦者はどんな感じでリファレンスチェックを受けるのか?

推薦者に対する質問は大きく2つのようでした。
スマホからでも対応できるようですが、文章作成が多いため、PCで行ったほうが良いそうです。

1つめの質問は、応募者の人物像や働きぶりを入力する内容だったそうです。

応募者に関する状況、能力、課題等を文章で提出
  1. 応募者の経歴や現在の業務内容(現在のポジション、マネジメント経験等)
  2. 会社でどの程度の評価を受けているか
  3. 応募者は今の会社で何番目に優秀か
  4. 応募者の強み
  5. 応募者の弱み
  6. 業務で苦手なこと
  7. 応募者は苦手はことが多い人物か
  8. 今の会社で作り出したことはあるか
  9. 応募者はどんな課題を改善すれば今よりもレベルアップするか


2つめの質問内容は、選択式の質問が続くタイプだったそうです。

主に、応募者の人物像や行動がどんな感じかを、選択肢の中から直感的に選んでいく質問のようですね。
マークチェック方式で、50問程度あったようです。
直感的に当てはまる項目をチェックしていくだけのため、サクサク終了したそうです。
応募者の人間性や評価を中心に質問されるようです。

内容については、あくまでバックチェックを行ってくださった推薦者から聞いた話のため、多少の差異があることはご了承下さい。

リファレンスチェック・バックチェックの所要時間は?

50分以内に行うように案内されるそうですが、文章の入力環境によっては時間がかかるみたいです。
同僚はスマホで行ってしまい、画面が少し見ずらかったようで入力に苦戦したそうです。。。

終わりに

  • バックチェックの質問内容は、推薦者が答えやすいものが中心
  • 推薦者が見つかるなら受けても問題なし


バックチェックによるリファレンスチェックは、自分で行うことはほとんどないため、簡単です。
しかし、一番のハードルは自分の転職活動に協力してくれる同僚を見つけることです。
下手に口の軽い同僚に依頼して、会社に転職活動をばらされることは避けたいですからね。


しっかりと信頼関係が構築されている上司や同僚にお願いをした方が良いです。


後、個人的に協力してくれた推薦者へは、必ずお礼をしましょう。
仕事で忙しい中、転職活動に今日よくしてくれることは、本当にありがたいことですよね。


バックチェックの内容を踏まえてご紹介してきました。
リファレンスチェックを受ける際に参考にしていただければ幸いです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
それではまた!

リファレンスチェックのような一般的ではない選考方法は不安になりますよね。
そんなときは転職エージェントに相談してみましょう。
業界トップクラスの転職支援実績&求人数の【リクルートエージェント】 なら最新の選考方法にもしっかり対応してくれます!

スポンサーリンク




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

営業職をしている30代の会社員です。
当ブログでは、仕事、転職、子育てについて経験や勉強したことを発信していきます。
よければ、お役立てください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる