おすすめの転職エージェント一覧はこちら

転職エージェントは大手と中小で全く違う?メリットデメリットを解説

私はこれまで2回転職をしており、現在は中小の人材系の会社に勤めています。

私自信の転職の経験をもとに、転職エージェントのメリット・デメリットについてご紹介します。

ちなみに、転職エージェントと呼ばれる人材紹介業の会社は、日本に約20,000社以上あると言われています。

初めて転職エージェントに登録する方は、膨大な中から、どの転職エージェントを選んで登録すれば良いのか悩むと思います。

先に結論をお伝えすると、転職エージェントの登録が初めての方は、大手の転職エージェントへの複数登録がおすすめです。

なぜなら、大手の転職エージェントの求人は、幅広い業界を網羅しています。

また、応募者をサポートするするキャリアアドバイザーも、しっかりと社員教育を受けていることが多いため、安心してコミュニケーションをとることができます。

しかし、中小の転職エージェントも、活用法によっては大手以上のサポートを期待することができることも覚えておいて下さい。

本記事では、更に詳細に、転職エージェントのメリット・デメリットついて紹介していきます。

ぜひ、転職エージェントの登録の際の参考にしてみて下さい。

目次

転職エージェントへの登録自体のメリット・デメリットは?

転職エージェントに登録が初めての方にもわかりやすく、メリットとデメリットをご紹介します。

転職エージェントとは、転職エージェントが企業へ紹介した応募者が採用をもらい実際に働くことができた時に、報酬として企業から紹介手数料をもらいます。

そのため、応募者と企業それぞれにとって、マッチングの高い紹介を行うことで、会社として利益を得ています。

上手く活用することができれば、転職エージェントはしっかりとあなたをしてくれるでしょう。

転職エージェントのメリット

  • 登録無料で、書類の添削、面接対策等のサポートが受けられる
  • 転職エージェントごとに限定された非公開求人があり、応募先の選択肢が増える
  • 企業との選考、面接の際は、日程調整を行ってくれる
  • 企業に直接は質問しずらいことも、転職エージェントに確認してもらえる

転職エージェントのデメリット

  • 転職に際して明確な考えがないと、上手く活用できないことも
  • 担当するキャリアアドバイザーによっては良質なサポートが受けられない
  • 転職エージェントごとに特化した業界が異なることがあるため、方向性と合わないことも
  • 転職エージェントに依存しやすくなるため、自分でも情報収集することは忘れないようにしなければなりません

大手転職エージェントのメリット・デメリット

ここでお伝えする大手転職エージェントとは、上場していたり、よくCMやメディアに登場するような規模が大きく、認知度の高い転職エージェントのことです。

会社としてのブランド価値が高く、転職サポートのための社員教育をしっかり受けていることが多いため、安心して相談することができるでしょう。

しかし、大きい会社ゆえの特徴や、利用の際に気を付けることがありますので、参考にしてみて下さい。

大手転職エージェントのメリット

  • 求人の獲得に力を入れており、幅広い業界の求人が用意されている
  • 担当するキャリアアドバイザーは会社のブランドを背負っているため、しっかりとしたサポートが期待できる
  • 担当のキャリアアドバイザーが合わない場合は、変更をお願いできる
  • 転職エージェントごとに専用のアプリや登録サイトがあり、かんたんに求人の確認と応募ができる

大手転職エージェントのデメリット

  • 企業への営業担当と、登録者対応のキャリアアドバイザーが分業されており、会社の情報が薄いことがある
  • キャリアアドバイザーが担当する登録者が多いため、相談時や質問の回答に時間がかかることがある
  • 大手ゆえに、悪い評判や口コミが多く、躊躇してしまうことも

中小規模の転職エージェントのメリット・デメリット

大手転職エージェントと違い、規模が小さく認知度が低い転職エージェントのことです。

当然ながら、こちらの会社数の方が大手より多いです。

しかし、あまり宣伝をしていないことが多く、いざ転職活動をして初めて名前を知る会社が多いでしょう。

しかし、大手と違い特徴的な会社が多く、利用方法によって転職活動の強い味方になってくれます。

中小規模の転職エージェントのメリット

  • 大手転職エージェントよりも、応募者に対して比較的ホスピタリティが高いことが多い
  • 企業担当とキャリアアドバイザー兼務の場合が多く、質問や相談に対してのレスポンスが早い
  • 強みのある業界や職種がハッキリしており、転職の方向性に合う場合は良いサポートが受けられる

中小規模の転職エージェントのデメリット

  • 専用の登録サイトや応募フォームがないことが多く、求人案件の確認に時間がかかる
  • 転職エージェント自体が早く成果を出したいため、すぐに内定をもらえそうな求人ばかりを紹介してくる場合がある
  • 対応が雑なキャリアアドバイザーに当たる確率が、大手よりも高い

転職エージェントが自分に合っていないときの対処法

登録した転職エージェントのキャリアアドバイザーとの相性が良くない場合は、変更をお願いしましょう。

申し訳なく感じる方もいるかもしれませんが、登録した目的は、キャリアアドバイザーではなく、転職活動のサポートを受けることです。

勇気を持ってお願いするべきですね。

伝え方に困った場合は、「転職活動を進めるにあたり、いろんな方の意見も参考にしたいため、担当の変更をお願いしてもいいでしょうか?」などと話してみると良いでしょう。

よほどおかしな理由でなければ、会社側は気にしていません。

しかし、中小の場合は、変更する担当のリソースがない場合があります。

その場合は、無理にサポートを期待するのではなく、即切りして別の転職エージェントへ登録しましょう。

まとめ

  • 転職エージェントの登録にもデメリットがあるが、無料で受けられるサポートを考えると、登録しないデメリットの方が大きい
  • 転職エージェントの登録が初めての場合は、大手転職エージェントへの複数登録がおすすめ
  • 大手転職エージェントと中小の転職エージェントは、あなたの転職の方向性により使い分ける
  • 転職エージェントに頼りきりになるのではなく、自分でも情報収集を行う

私は初めて転職エージェントに登録するとき、変な求人を紹介されたらどうしようと心配していました。

しかし、実際はキャリアアドバイザーの方々はしっかりとこちらの話を聞いたうえで仕事を提案してくれました。

もちろん活用するうえでデメリットはありますが、無料で受けられるサポートに比べると、登録しないデメリットの方が大きいように感じます。

今回ご紹介した転職エージェントの他にも、優良な転職エージェントはたくさんありますので、ぜひ自分に合った転職エージェントを探してみて下さい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

それではまた!

あわせて読みたい
【無料登録/比較】おすすめの転職エージェント&求人サイトを紹介!あなたに合う転職エージェントを... 転職エージェントはたくさんあって、どこに登録すればいいか分からないそれぞれ特徴はあるのかな? 上記のような悩みにお答えします。 転職エージェントは、日本に約3万...

スポンサーリンク




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

営業職をしている30代の会社員です。
当ブログでは、仕事、転職、子育てについて経験や勉強したことを発信していきます。
よければ、お役立てください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる