おすすめの転職エージェント一覧はこちら

「会社潰れろ!」と考えた時は限界のサイン!あなたが潰れる前にやるべき2つのこと

サービス残業が当たり前な上に、嫌な上司が常にプレッシャーをかけてくる!最近、会社に対してストレスが溜まっている、、、

うちの会社は、ぜんぜん働き方がよくならない!
従業員のことを考えてくれない会社は、私のたちのことは守ってくれない!

上記のように、辛い悩みを持っている方へ向けた記事です。

「ブラック企業」と呼ばれるような会社で、過酷な働き方をしている会社員はまだまだ多いです。
辛い働き方をしていては、「会社、潰れろ!!」と考えてしまっても当然ですよね。

本記事の結論ですが、会社に対して「潰れろ!」と考えている場合、限界のサインかもしれません。
あなたが潰れる前に、対処する必要があります。

私が新卒で就職した会社は、定時にタイムカードを切った後に、サービス残業を強制する会社でした。
そのため、ストレスがたまり「こんな会社潰れてしまえ!」と真剣に考えていました。
それくらい、ブラック企業は従業員を消耗させます

\ 履歴書不要!質問に答えるだけで登録OK/

目次

潰れろと考えてしまう会社の特徴は?

  • 長時間労働が常態化している
  • 有給、振休等がとれない
  • 残業代が出ないサービス残業が当たり前
  • 業務量に見合った給与がもらえない
  • 法律違反、倫理観を無視した仕事をしている
  • パワハラ、セクハラが当たり前

いかがですか?字面だけでもブラック企業をイメージしますよね?
上記のような理不尽な働き方を強要されたときに、会社に対して潰れとという負の感情が生まれてしまいます。

残念ながら、働き方改革が法整備をされても尚、ブラック企業はなくなることはありません。
体力や気持ちに余裕がなくなり、会社に「潰れろ!」と考えるようになってしまっても無理はないでしょうね。

厚生労働省は、ブラック企業の定義は明確化していません。
しかし、上記のような、客観的に見て理不尽な働き方を強要されたら、ブラック企業と考えてよいでしょう。

会社潰れろ!なんて考えは時間の無駄

会社はそう簡単に潰れない

会社は、そう簡単に潰れることはありません。

やりがいを前面に出したような、やりがい搾取で低賃金で雇用したり、リストラや、人件費圧迫を防ぐために人数を揃えない等、組織を存続させるための手段をとるからです。

また、規模の大きなグループだと、グループ会社内での移籍等もよくあるでしょう。

会社は、倒産しないためにあらゆる手を尽くします。
そして、それは中小企業でも大手企業でも同じです。

上場している企業だから、ホワイトな働き方ができるわけではありません。
誰もが知るような有名企業でも、ブラックな働き方をしていることは珍しくないですよ。

更に残念なことに、規模の大きい会社は潰れにくいうえに、応募者からも上場フィルターの影響で人気が高くなり、採用に困らなかったりします。

上記のことからも、会社に行きたくない気持ちから、「会社潰れろ!」と考えることは時間の無駄でしょう。

会社潰れろという考えはやばい?

あなたが自分の勤めている会社のことを考える時に、「潰れろ!」なんて考えている場合は、明らかに何らかの限界のサインです。

体力的にも、気持ち的にも、余裕がない状態ということを自覚した方が良いです。
そのまま無理に頑張り続けると、うつ病になってしまったり、体を壊してしまいます。
無理に我慢をせずに、体のサインに向き合ったほうが良いでしょう

休日がもったいない

休日の夜になると「本気で会社に行きたくない、、、」と、ひどく憂鬱になっている場合は危険です。
社会人は仕事で抱えることも多いでしょうから、休み明けに憂鬱になることは、誰でもあると思います。

しかし、せっかくの休日の夜に、こんなネガティブなことを考えている場合は、時間がもったいないですよね。。。

  • 趣味の時間を楽しむ
  • 自己投資として勉強をする
  • 家族とリラックスして過ごす

休日はリフレッシュや自分のために時間を使いたいですよね?

会社潰れろなんて考えるほど執着する必要はない

会社に対し、必要以上に感情的に執着する必要はありません。

そもそも、「会社潰れろ!」と考えるのはどんな時でしょうか?

恐らく、あなたにとって不利益な状況になっているときですよね。
過度な残業が常態化していたり、理不尽な態度をとられてストレスフルな状況だったり。

そもそも、会社潰れろ!なんて考えていること自体、あなたが必要以上に会社に執着している可能性があります。

一方的な執着は、理解しあえることが難しいです。
いっそ考えないか、会社と距離をとる必要があるかもしれません。

残念ながら、会社はあなたのことを、なんとも思っていないかもしれません。

会社が潰れるよりあなたが限界を迎えるほうが先

どんなに会社潰れろ!と考えたところで、憎い会社が潰れるよりも、あなたが潰れるほうが先でしょう。


なぜなら、会社の最優先は、組織の生き残りです。


企業の経営が厳しくなったときに行われること

  • 賞与、賞与の削減
  • リストラで人員削減
  • 退職者が出ても欠員補充

会社にとっては、上記のようなコストの削減が最優先事項となります。

退職者が出ても欠員補充をしない場合、残っている従業員の負担が増えるだけになりますよね。
結果として、働いている従業員はどんどん苦しくなります。

すでに会社にネガティブな感情を持っているくらいなのに、どんどん劣悪になる労働環境にあなたは耐えられるでしょうか?

会社は潰れない?業種ごとの寿命はどれくらい?

倒産する会社の平均寿命

2019年時点の倒産企業の平均寿命は、23.7年だそうです。
また、2018年の各業種ごとの平均寿命は以下の通りです。

  • 製造業 33.9年
  • 卸売業 27.1年
  • 運輸業 25.9年
  • 農・林・漁・鉱業 25.1年
  • 建設業 24.2年
  • 小売業 24.2年
  • 不動産業 23.8年
  • サービス業他 17.7年
  • 情報通信業 17.5年
  • 金融・保険業 11.7年

※東京商工リサーチ調べ

最も寿命の長い業種は製造業で33.9年、最も短い業種は11.7年です。
変化の速い業種である、サービス業で17.7年、情報通信業で17.5年です。
思ったよりも企業の寿命は短いことが分かりますが、果たしてあなたの在職中に潰れるでしょうか?


会社が潰れることを待つと、意外と10年くらい時間がかかってしまうかもしれません。

現在、若年層に人気のある、IT業界やサービス業のような業種程、寿命は短い傾向にあります。
これは、業界自体の変化や進化が速いためだと思われます。
一つ革新的なサービスが誕生すると、後発で他社が参入し、サービスの変化のサイクルが早くなりやすいのが、ITやサービス業界です。


製造業のような、設備や維持コストが高く、参入障壁がある業界よりも、同業が増えやすいのでしょう。
そして、変化が速い業界ということは、働く側も常に変化を求められます。

著しい成長フェーズの企業で働くと、想像以上の負荷がかかり、結果ストレスをためることになるかもしれません。


もちろん成長フェーズの企業で働く方が、現在のニーズに合う経験やスキルを手に入れられます。
また、変化が激しい分、周囲から様々なことを吸収できる環境でもあるでしょう。
そのような観点からみると、決して寿命が短い=働き方が悪い会社というわけではないですね。

業界で働き方が違うのか?

業界ごとの平均寿命の違いは、働き方に関係するのでしょうか?
傾向としては、業界により、ある程度働き方は変わってくるでしょう。

寿命が長い会社を見てみると、第一次産業や第二次産業が多いですね。
産業としての歴史が古く、ビジネスモデルが確立されている業界です。
その分、IT系やサービス業のような第三次産業よりも、新しいことが生まれにくい環境です。
会社の歴史が長い分、古くからの慣習や働き方の変化が起こりにくい土壌があるからでしょう。
産業的に歴史が長いため、同業の数も多く、市場での競争が激しいことも考えられます。
その分、働き方が悪くなる可能性はあるかもしれません。

現在は働き方改革やDXの影響もあり、各業界が変化しています。

ITツール等のテクノロジーを駆使して、業務効率化を進めたり、新事業を開発している会社もあります。
現代の状況に合わせて働き方を変えたり、収益化を図っている会社は魅力的ですね。

例えば労務管理システムを導入して、従業員の勤怠をしっかりと管理しているような企業であれば、超過残業を強要する可能性は低いと考えられます。

業界による働き方の差はあるかもしれません。

しかし、従業員のことを考えて、変化をしている企業であれば、「潰れろ!」なんて考えずに働ける可能性は高いでしょう。

んな業界が自分の希望に合ってるの?
無料で相談できる転職エージェントは、いろんな業界の知識が豊富!
転職支援実績&求人数トップクラスの【リクルートエージェント】 に相談してみよう

選択肢を持っていることを思い出そう

いざ理不尽な労働環境を強いられていると、会社のことしか考えられず選択肢を持つことができないことがあります。
しかし、あなたは元々、複数の選択肢を持っています。
そのことを思い出しましょう。

  • 今の会社に残る
  • 今の会社で部署移動を志願して労働環境を変える
  • 転職をする
  • 起業する

すぐに選べる選択肢は、常に複数ありますよね。

よく、「自分がいなくなったら、会社や部署に迷惑がかかる」や「逃げ出すのはよくない」と考えてしまう方がいますが、大丈夫です。
従業員が一人いなくなったくらいでは、会社への影響は大きくありません。

あなたには、今の会社から逃げても活躍できる場所はたくさんあります。

国民的アイドルのスマップや嵐をテレビで観なくなっても、我々の生活に影響はほぼありません。。
(例えがおかしいかもしれませんが、、、

逆にあなたがいなくなって、会社が潰れるなら、「会社潰れろ」という願いが叶ってハッピーエンドです。

人は選択肢がないと追い詰められる生き物です。
あなたは、自分で選べる選択肢を複数持っていることを忘れてはいけません。

会社潰れろ!と感じたら行うべき対処法2つ

結論からお伝えすると、会社が潰れるのを待つのではなく、自分で行動することが大切です。
私は、転職することで、「あの時のサービス残業代もったいなかったな」と、もっと早く行動するべきだったと後悔しています。
会社に対してのネガティブな感情は、結構強いことが多く、そのまま放置することは危険です。

あなたが限界を迎える前に、すぐに行動できる方法をご紹介します。

転職エージェントに相談する

会社内で、部署異動や業務量の相談もできない場合は、転職活動をはじめるべきです。

しかし、長時間労働が常態化している会社に勤務している場合、なかなか求人のチェックや面接の段取りが難しい場合があるでしょう。

その場合は、無料の転職エージェントへ登録して相談することがおすすめです。

【リクルートエージェント】 doda は、webでかんたんに登録できるため、忙しい会社員が転職活動をはじめるときにおすすめです。
職務経歴書の作成サポートや、あなたの強みを深める自己分析なども、しっかりと面談で掘り下げてくれます。
相談するだけでも大丈夫なので、あなたの今の状況に対し、客観的な意見を聞くだけでもいいでしょう。

大手の転職エージェントは、無理に転職をすすめてくることはありませんので安心して下さい。

副業を始めてみる

あなたが転職はリスクが高いと感じる場合は、副業をしてみてはいかがでしょうか?

ここ数年、国も会社に副業解禁を呼び掛け、更に働き方は変化しています。
いわゆる終身雇用制度は終わりを告げ、同じ会社からの給与所得に頼るだけではリスクとなる時代です。

潰れてほしい会社に依存することは、リスクになりますよね?
会社とは別の所得を手に入れることは、会社に依存しないための選択肢になります。

今は、さまざまな副業サイトで、誰でも簡単に副業を始めることができます。

副業を通してスキルを身に着けることで、自信につながります。

もちろん、継続することや勉強や実践が必要なため、すぐに稼げないことも多いです
しかし、働く会社とは別に収入を得ることができれば、気持ちの安定につながるかもしれません。

クラウドワークスは登録無料で、様々な案件が掲載されている副業クラウドソーシングの大手サイトなので、初心者にもおすすめです。

無料登録できるおすすめ副業サービス

クラウドワークス
→副業を始めるならまずはここ!初心者でも始めやすい案件が豊富
Bizseek
→業界最安のワーカー手数料♪大手サイトでなかなか案件がとれないときにおすすめ

まとめ

  • ブラック企業に対して、潰れろと考えてしまう
  • 会社潰れろと考えている場合は、体や気持ちの危険サイン
  • ネガティブなことを考えていると、時間がもったいない辛いときは、選択肢を複数持つこと
  • 会社が潰れることを待つより、行動した方が良い

会社が潰れるより前に、あなたが潰れるほうが先です。

あなたが潰れる前にすぐできる行動は、転職活動を始めるか、給与の収入に依存しないように副業を始めることです。

理不尽な労働環境で働いていると、待っているのは体や気持ちの消耗だけです。
「会社潰れろ」と強い負の感情に支配されてしまったときは、自分で行動してみましょう。


体や気持ちが限界のサインを出している時に、どんな行動をするかで、あなたの未来が変わって来るでしょう。

下記のリンクから、無料で利用できるおすすめの転職エージェントを紹介します。
ぜひチェックしてください!


転職エージェントに登録することに、抵抗がある場合もありますよね。

それなら、まずは自分の市場価値がかんたんに診断できるミイダスがおすすめです。

膨大な転職データをもとに、質問に答えるだけであなたの適職や市場価値が診断できます!

\ カウンセリングはなし!すぐに登録OK/

スポンサーリンク




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

営業職をしている30代の会社員です。
当ブログでは、仕事、転職、子育てについて経験や勉強したことを発信していきます。
よければ、お役立てください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる