おすすめの転職エージェント一覧はこちら

「仕事が辛い!」逃げたいけど行動しない6つの理由と逃げ方を紹介します

あなた

毎日遅くまで辛い仕事をして、疲れた体で電車に乗って、、、
ようやく家に帰って寝ても、翌朝すぐに辛い仕事が待ってる

あなた

すぐに罵声を浴びせる上司がいて、コミュニケーションがとれない
職場はピリピリしていて、相談できる相手もいない!
もう逃げたい!

上記のような悩みに答えていきます。

辛い仕事を毎日繰り返していると、「逃げたい!」と思うときがありますよね。

辛いときに逃げたいと考えることは、決して甘えではありません。

必要なときに逃げないと、逃げ時を失うリスクがあります。

本記事では、仕事が辛いときに逃げるべきときや、逃げ方を紹介します。
何より優先すべきは、あなたの健康です。

本記事を参考に、自分の将来について考えてみてください。

目次

仕事が辛いなら逃げてもいい3つの理由

仕事が辛いとき、逃げたいと感じることがあると思います。
結論をお伝えすると、仕事が辛ければ逃げても大丈夫です。
もちろん、場合によっては逃げない方がよいこともありますが、前提として逃げてもいいことだと理解しておいてください。
本章では、あなたが仕事で逃げてもいい理由をいくつかお伝えします。

仕事は自分で決めること

今の仕事は、あなた自身が決めてしていることです。
しかし、一度決めたからと言って、逃げてはだめだという決まりはありません。
私たちには、職業選択の自由があります。
どんな仕事をするかどうかは、あなたの意志で選択できることなのです。

あなたがとるべき責任は行動責任のみ

私は、従業員がとるべき責任は「行動責任」のみだと考えています。

行動責任とは、字のごとく、自分の行動に責任をもつことですね。

行動責任

  • 業務の計画をたてる
  • 目標達成のために行動する
  • 自分の行動の結果を振り返り改善する
  • 真剣に業務に取り組む

責任感を持つことは、社会人が当然のように教えられ、多くの会社員が取り組んでいる内容でしょう。
責任感は大切ですが、役割を超えるような責任を取る必要はありません。

むしろ、それ以上の結果に対しての責任は、管理職や経営者がもつべきものです。

よく、体調不良や有給休暇で休もうとする従業員に対し、上司が「お客様に迷惑がかかる」「同僚が迷惑をする」など言って休ませないことがあると聞きます。

休みなく仕事をするのは、普段から自分の行動責任を果たしている従業員がとるべき責任ではないですよね。

職場の運営の責任をとるのは、管理職である上司です。

自分がとるべき責任を間違えないようにしないと、自分を苦しめるだけになります。

会社はあなたの人生の責任はとらない

辛い状況で頑張ったからと言って、会社があなたの人生に責任は持ってくれません。

終身雇用制度が過去の働き方となりつつあり、一社で定年を迎えることができる人はこれからますます少なくなるでしょう。

厚生労働省の調査によると、退職金がない会社の割合は19.5%だそうです。(2018年時点)
5人に1人が退職金がなく、会社が従業員の老後までを考えないようになってきていますね。

あなたが辛い仕事を続けて、心身ともに体調を崩してしまったとき、会社は守ってくれません。
むしろ、「この程度の仕事でなぜ体調を崩すんだ」「甘えだ」と非難する可能性すらあります。

成果主義が強くなるこれからの日本では、従業員は自分のことは自分で守り、自分の人生の責任は自分でとらなければなりません。

会社に守ってもらう考え方は、会社に依存することになる危険なことだと分かりますよね。

【ここ大事!】あなたが辛い仕事から逃げられない6つの理由

頭では、今の状況が悪く、逃げたほうがいいんじゃないか?と感じていても、いざとなると逃げられないなんてことありませんか?
実は逃げたいと考えている人の多くが、逃げることが怖いのです。
仕事が辛くても、なぜあなたが逃げられないのかを考えてみましょう。

皆と違ってしまう

辛い状況から逃げてしまうと、周りの友人・同僚と違ってしまうことを怖がる人は多いです。

皆と同じことをしていれば、みんなで同じ道を進むように感じるため、安心できます。

部活、勉強、進学、就職といった一般的な人生のレールは、多くの人が歩むことです。
周囲の友人や同僚も、辛いと言っても当たり前のように仕事していますよね。

辛い仕事から逃げて、「一度でも皆と同じレールから降りてしまうと、もう皆と同じ状態に戻れないんじゃないか?」と考えてはいませんか?

周りと違ってしまうことを必要以上に恐れることで、行動しなくなっているのです。

自分で選んで行動した成功体験が少ない

自分で選んで行動した成功体験が少ない人は、失敗を恐れて行動しない傾向があります。

「逃げたいから逃げること」は、自分の意志で選択する行動です。誰かにやらされることではありません。

しかし、思い返すと、人生の中で意思決定をした場面は以外に少ないでのではないでしょうか?

学校や就職の時に決めたくらいで、実はルールや周囲と合わせてきたことの方が多いかもしれません。
特に、一見仕事で成功しているようでも、職場の指示やマニュアルがベースにあり、あなたの選択することは実はそんなになかったりします。

自分で行動してきた成功体験が少ないと、自分の選択に自信が持てず、行動できなくなってしまうのです。

逃げてはだめだと教わってきた

私たちは、これまでの教育や仕事で逃げないで立ち向かえと教わってきました。

逃げるという選択肢をとることに躊躇してしまうのです。

「勉強から逃げてはダメ」、「辛いことから逃げてはダメ」「部活から逃げてはダメ」「仕事から逃げてはダメ」「逃げちゃだめだ」

子どもから大人になるまで、いろんなシチュエーションで、「逃げてはいけない」と言われてきました。

多くの人が、誰かに逃げてもいいと言われたことがないでしょう。

むしろ、逃げようとすると冷たい目で見られたことがあるかもしれません。

周囲の目を気にして、逃げることが怖くなっているのかもしれません。

人間は慣れる

人間は変化を嫌い、身を置いた環境に合わせる生き物です。

人間の脳は変化を嫌います。

「いつもと同じ」。。これほど安心することはないでしょう。
そのため、人はルーティンや習慣を大切にするのです。

裏を返すと、人間は辛い仕事であっても、環境に合わせようとするのです。
そのため、辛い状況が普通となり、慣れてしまうのです。

今よりも悪い状況になるかもしれないと考える

辛い状況から逃げても、今よりもつらい状況になるかもしれないと考えてしまうと、逃げることが怖くなってしまいます。

今が辛い場合は、仕事が辛いことは当たり前だと感じてしまう方が多いです。

今の状況を基準に考えてしまう人が多く、今がどんなに辛い状況でも、逃げることで状況が悪くなってしまう心配をしてしまうのです。

逃げたと思われたくない

辛いことから逃げると、周囲から後ろ指をさされると考えると、逃げづらくなります。

人には大なり小なり見栄があります。
どんな人も、承認欲求があるため、「よく見られたい」「認められたい」「好かれたい」と心のどこかで感じています。

しかし、逃げるという行為は、周囲からの評価を下げる行動だと感じますよね。

逃げたと言われたり考えられたりすることは、あなた自信のプライドが傷ついてしまうのです。

辛い仕事から逃げていいのはいつか?

厚労省の統計「平成30年労働安全衛生調査」によると、58.0%の人が「現在の仕事や職業生活に関することで、強いストレスとなっていると感じている事柄がある」と回答しています。
つまり、半数以上のビジネスパーソンが、強いストレスを抱えているにも関わらず、改善が図れていないのです。

度を超えた忙しさが慢性化している

  • 過度な残業、休日出勤慢性的な忙しさ
  • 慢性的に忙しい
  • サービス残業が当たり前

仕事量が度を超えており、過度な労働時間になっている場合です。

ちなみに、残業時間が80時間を超える時は産業医への診断を推奨、100時間超過の際は産業医の診断が必須となります。この辺りまでは企業が申請すれば法律の範囲内となります。

人間は、ある程度忙しくても、期限のある忙しさの場合はストレスに耐えることができます。

あなたも、上司から「今月は一年の山場だから忙しくなるけど、なんとか乗り越えよう」と言われていれば、心構えができますよね。
反対に、終わりの見えない慢性的な忙しさに対しては、見通しが立たずに強いストレスを感じることが分かっています。
しかし、度を超えた残業が当たり前になっている企業では、ただ耐えるだけになっているケースもあります。

体調を壊してしまうような働き方が当たり前になっている場合は、要注意です。

常にイライラしている

温厚な人でも、ストレスがかかり続けると、怒りっぽくなったり、常にイライラするようになります。

この状態が続くと、自分を客観的に見ることが難しくなり、周囲からも心配されてしまいます。
何より、それだけのストレスを感じ続けていては、いずれ体調を崩してしまう可能性があります。

リフレッシュや職場の改善など、ある程度努力しても状況が変わらなければ逃げるべきでしょう。

職場環境が合わない

働く環境が合わずに、強いストレスを受け続ける場合は、逃げるべきです。

近年、リモートワークが普及し、職場環境だけでなく仕事する環境自体に変化が出ていますね。
リモートワークは、人や会社によりストレスを感じることもあるでしょう。

オンオフの切り替えができずに、常に仕事のことが頭を離れない場合は、ストレスを感じ続けることになります。

  • リモートワークでは会社の監視が厳しく、強いストレスを感じる
  • 休日でも会社から電話、メール、チャットでの連絡が頻繁にある
  • 相談がテキストベースで人間関係を築くことができない

自分にあう環境の仕事を探すことも、これから長く働く上では大切なことです。

人間関係が悪く誰にも相談できない

仕事の相談を職場でできなければ、逃げてもいいです。

職場の人間関係は、離職率に直結する重要な要素の一つです。
結論、職場の上司や同僚と良好な人間関係を築くことができない場合、要注意です。


特に、仕事のことや、ささいなことを相談できる相手が職場にいない場合は、強いストレスを感じることになります。
もちろん、企業や職場の雰囲気に合わせる努力は必要です。
しかし、下記のような個人の努力でコントロールできない場合は、逃げるべきでしょう。

  • 上司が一方的に無理難題を押し付けてくる。
  • 上司がいきなり罵声を浴びせてくる。
  • 人間性を否定するような同僚、上司がいる
  • 相談できる相手がおらず、離職率が高い

自分の考えがないときは逃げない方がいい

逃げるが勝ちとは言いますが、逃げることが逆効果になる場合もあります。
該当する場合は、一度自分の状況を客観ししてみて下さい。

周りに流されているとき

逃げる理由が、自分で考えたことでなければ、逃げない方がいいです。

同年代の友人や同僚が、次々と転職をしているとき、焦りを感じますよね。

「皆行動してる!置いていかれないように転職しなければ」と、周囲の行動があなたの行動の原因になっている場合は、要注意です。

焦って行動すると、逆効果になることがあるからです。
焦って転職活動した結果、前職より厳しい環境・条件になった

自分の目的がないときは、周囲に流された行動のため、後悔しやすいです。

逃げるような大きな意思決定のときは、自分の逃げる目的をしっかりと考えて下さい。

他責になっているとき

他責の考え方になっていると、問題を自分で解決する力が半減します。

もちろん、個人の力でコントロールできることばかりではありません、
しかし、自分の力で解決しようとする意志がなければ、逃げた先でも同じ状況になる可能性があります。
なぜなら、あなたのためにすべてを叶えてくれる逃げ場所はないからです。

ストレスを感じる要因に対し、自分なりに考えて行動してからでも逃げるのは遅くはありません。

  • 過度な残業が当たり前→業務の効率化を考えて実行したか?
  • 人間関係が悪い→自分から積極的にコミュニケーションを図ったか?
  • 職場環境が悪くオンオフが切り替えられない→自分なりに自分の時間を設けてオンオフの切り替えをしたか?

仕事が辛いときに逃げなければいけない理由

仕事が辛いとき、逃げてもいい理由は前述しました。
しかし、逃げなければいけない理由があった場合はどうでしょう。
辛いときに逃げなければ、どんなリスクがあるのかをお伝えします。

体調を壊す

人間は、過労度が高く、体力や気分が優れないときほど、ストレスに弱くなります。

あなたも、普段なら気にならない同僚の発言に対して、必要以上にストレスを感じたことがあるのではないでしょうか?
辛いストレスを受ける環境が続くと、メンタル不調となる可能性もあります。

しかし、仮にあなたがメンタル不調となったとしても、会社は守ってはくれません。
辛い状況が続き、体調を崩してしまう前に、逃げる必要があるのです。

転職時期を逃す

逃げないことがいいこと、耐えることが正解だと考えて意味もなく逃げずにいると、転職時期を逃がしてしまう可能性があります。

一般的に、転職適齢期は35歳までと言われていますよね。
もちろん、企業が求める経験や職種、専門性により違います。
しかし、あなたが辛い仕事に耐えて、年齢を重ねたとき、転職市場で求められる人材ではない可能性があるのです。

今が辛くても、逃げない理由があるのであれば、無理に逃げる必要はありません。

転職時期を逃さないように、自分の状況をよく考えてください。

未経験の職種へ転職できなくなる

逃げ時を失うと、転職するときに、希望の職種に応募できなくなります。

年齢を重ねるごとに即戦力を求められるため、未経験の求人に受からなくなってくるからです。

仕事が辛い場合、今の職種があってない可能性があります。
例えば、分析能力は高いのに、対人スキルが低い方が営業をしている場合、辛いのは当たり前でしょう。
自分にあったキャリアを選び直す方が、よりよく仕事ができるようになりますよね。

ある程度年齢を重ねてしまうと、未経験の業種や職種への転職は難しくなります。

逃げたい場合は、逃げ時を失わないようにしなければなりません。

前向きに取り組むチャンスを逃す

「逃げたい」と嫌々やっていては、よい仕事はできません。

「辛い、逃げたい」と考えていて、顧客や誰かのために、いい仕事ができるものでしょうか?

仕事に対してネガティブな気持ちでは、積極的に仕事に関わっていくことができません。

前向きに取り組めば、得られたはずの貴重な経験を逃している場合もあります。

仕事は誰かの役に立つためのものです。
あなたが辛い思いをしていては、仕事に前向きに関わることができずに、パフォーマンスを発揮することができなくなってしまいます。

逃げた後でも役に立つ体調管理法4選

辛い仕事を続けていると、体調を壊してしまう可能性があります。
しかし、逃げる場合は、体調を壊さないようにすることが大切です。
本章では、残業や休日出勤が多く、仕事が辛い方向けに、体調管理の方法を紹介します。

趣味を楽しむ

仕事とプライベートのオンオフを切り替えることは、とても大切です。
誰でもできるオンオフの切り替え方は、趣味を楽しむことです。

常に仕事のことを考えるようなオン状態が続くと、強いストレスとなり体調を壊しやすくなります。
実は、仕事ができる人ほど、自分のオンオフのスイッチを上手にコントロールしているのです。

  • 休日はアクティブに登山をする
  • 仕事帰りにジムで体を鍛える
  • 休日は友人とランチをする

趣味はなんでも良いです。

目的は、あなたが仕事のことを忘れてリフレッシュすることなのです。

危険なのは、休日が少ないからと言って、休みの日も家で何もせずに過ごすことです。
体を休めているつもりでも、気持ちがリフレッシュできていないのです。

上手にオンオフを切り替えて、リフレッシュすることで、ストレスをリセットしましょう。

しかし、一点注意なのが、仕事を趣味にすることです。
好きなことを仕事にすることは、一見理想の状態ですが、好きな仕事が辛くなってしまったらどうしますか?
オンオフの切り替えをすることができずに、強いストレスを感じてしまうかもしれません。

自分の時間を作る

オンオフを切り替えるためには、自分の時間が必要です。
しかし、仕事がハードで、休日も忙しい場合は、自分の時間を作ることが難しいですよね。

その場合は、これまで当たり前となっていることを、やらないようにすることも一つの考え方です。

例えば、日曜日しか休日がなく、家事をやらなければならない場合は、家事代行サービスを使うのもありです。
家事をやらないことにより、自分の時間を作ることができるのです。
優秀なビジネスマン程、自分の時間を作り、オンオフを切り替えることでリフレッシュをしています。
便利なサービスを利用することも、上手な時間の使い方です。

WEBから24時間365日かんたんに申し込みができます。
【CaSy】業界最安値水準で高品質なサービスを提供しているので、家事代行サービスを利用するのが初めての方も安心♪

自分でコントロールできないことまで考え込まない

ストレスを感じやすい人は、自分でコントロールできないことまで考えてしまう傾向が強いです。

自分でコントロールできないことは、考えてもストレスを感じるだけです。

職場の同僚にどう見られているのか?
今度のプレゼン、上手く行かなかったらどうしよう
上司の機嫌が悪かったらどうしよう

上記のようなことは、あなたがコントロールできることでしょうか?

あなたがコントロールできることは、「どんな行動をするか」だけなのです。

「職場でよく見られるために、何をすればいいか?」と考えて行動することはできますが、どう見るかを決めるのは、周囲の人間です。

しかし、自分と他人を分けて考えることができない場合、他人の行動までコントロールしようとしてしまいます。
その結果、必要以上に考え込んでしまい、強いストレスを受けてしまうのです。

有給休暇をとってリフレッシュする

1、2日程度の有給休暇を取得してリフレッシュできる場合もあります。
その場合は、仕事のタイミングを見て、定期的に有給休暇を取得すればある程度体調が回復することがわかりますね。
現在は働き方改革により、年間5日の有給休暇取得が義務付けられているため、上手く利用しましょう。

自分の現状を言語化してみる

辛い場合は、状況やどうしたいかを言語化して下さい。

頭で考えているだけだと、思考がまとまらず、ストレスがたまります。

自分の状況を言葉にしたり、紙に書き出すと、思考を整理することができます。

例えば、下記のようなことを整理してみて下さい。

これまであなたが感じていた辛さや、不安はどういったことでしたでしょうか?
本記事で紹介した内容を見て、当てはまる内容はありましたか?
あなたはこれからどうしたいですか?

自分の言葉で紙に書き出してみて下さい。

今の状況を紙に書くことで、思考を整理することができます。

自分の頭で考えたり感じているだけではなく、言葉や文章に言語化して、自分の状況を冷静に見てみて下さい。

仕事から逃げる方法

仕事から逃げる場合、方法は大きく2つあります。
会社の中で逃げるか、会社の外へ逃げるか?です。
それぞれの逃げ方について紹介していきます。

会社の中で逃げる方法

  • 休職する
  • 部署移動をする
  • 職種を変える

会社の外へ逃げる方法

  • リタイアする
  • 転職する
  • フリーランス・起業

休職する

体調を崩してしまっている場合は、休職をして体の不調やメンタルの不調を回復する必要があります。
体調を崩した状態で転職をしても、新しい職場のストレスに敏感となり、また体調を壊してしまう可能性があります。

しっかりと回復に専念する期間を設けて下さい。

部署移動する

現在の部署の業務量が多い場合、部署の異動をすることで解決することもあります。

例えば、同じ営業でも法人向けの営業と個人向け営業では、営業方法やアプローチが異なります。
そのため、今の部署の働き方があなたに合っていないときは、部署を異動して働き方を変えることも逃げる方法の一つです。

職種を変える

ある程度規模のある会社に勤めている場合は、職種を変更することができます。

例えば、営業職として働いていて、働き方が合わずに体調を壊してしまう場合、違う職種に変更してもらうように相談するのです。
管理部門や、同じ営業職でも営業サポートチームがあることもあります。

違う会社の未経験職種に転職するより、同じ会社内で職種を変えるほうが、リスクが小さいです。

リタイアする

働かずに、仕事自体から逃げる方法があります。

所有している資産を利用して、不労所得で生活する方法です。

家賃収入、株式運用など、不労所得の方法は複数あります。
近年では、老後資産運用のために、つみたてニーサやイデコといった、国が推奨している制度も豊富です。
しかし、リタイアする逃げ方は、十分な勉強と資産が必要になるため、上級者向けの方法です。

転職する

転職は、とても一般的な仕事からの逃げ方でしょう。

結論として、あなたの転職市場での価値が高いうちに逃げることをおすすめします。

ここ数年の転職者は300~350万人を推移しています。
大まかに計算すると、日本の労働者人口6000万人のうちの、約6%程度の転職率です。
およそ20人に1人が転職をしている計算ですね。

そこまで多い人数には感じませんが、転職したくても経験や年齢で転職できない人材層もいるはずです。
転職市場での価値は、年齢、経験、仕事での専門性など、様々なことで判断されます。

後になって、「あの時転職しておけばよかった」と後悔しないように、よく考えましょう。

おすすめの転職エージェント

結論、転職エージェントはどこに相談すればいいの?悩みにお答えします!
【大手を比較】無料の転職サポート!おすすめの転職エージェント&求人サイトを紹介します

フリーランス・起業

フリーランスと起業は、意味は異なりますが、会社の雇われとして縛られることはないことから、ひとくくりにします。

自分のビジネスを自分で販売して、生計をたてる方法です。

会社に守ってもらうことはできずに、自分の力で収益をあげる必要があるため、覚悟が必要ですね。

例えば、自分で企業向けのITサービスを作って販売する、メディアライター、アフィリエイト、YouTubeなど、さまざまな種類があります。

フリーランス向けのサイト

・フリーランスへ向けて副業からスタートするには案件豊富なサイトを選びましょう。
クラウドワークス は未経験の方でも無料登録後、すぐに案件を探すことができます!

逃げる準備をするだけでもいい

ここまで読み進めていただきましたが、実際に逃げるのは怖いという方もいると思います。
そんな時は、逃げる準備だけでもしてみて下さい。
準備をしておくと、いざ逃げたいときにすぐに行動できます。

転職エージェントに今の状況を相談して、客観的な意見を聞く

無料で登録できる転職エージェントは、登録時に転職のプロであるキャリアアドバイザーが面談を行ってくれます。
自分の今の働き方、在職している会社の状況などを相談し、実際に逃げるべきなのか客観的な意見をもらっても良いと思います。

ある程度大手の転職エージェントであれば、無理に転職をすすめてくることもありません。

dodaは無料で登録からサポートまで受けられます。 転職についてのアドバイスがもらえるので、登録して相談してみて下さい。

自己分析でどんな仕事が向いているのか分析する

求人サイトのリクナビNEXTは、本格的な自己分析ができるグッドポイント診断というサービスを無料で行っています。

質問形式の30分程度の診断で、自分の強みを分析することができるため、職務経歴書や面接でアピールする強みを知ることができます。

リクナビNEXTは転職活動時には登録必須の求人サイトです。
グッドポイント診断、スカウト機能など豊富なサービスで転職活動を進めることができます。
リクナビNEXTへ無料登録♪

転職エージェントのdodaは、適職タイプを診断するサービスを無料で提供しています。

こちらは登録すれば、転職エージェントに相談しながらサービスを使用することができます。

実際に転職をしなくても、今の状況を客観的に認識するだけでも、あなたの今後を大きく変えることができるでしょう。

無料登録をして、専任のキャリアアドバイザーに今の状況を相談してみましょう。

大手転職エージェントなら、無理に転職をすすめてくることはありません。

まとめ:辛いときはよく考えて逃げよう

  • 辛いときは、自分でよく考えて逃げる
  • 逃げたくても自分で逃げないだけかもしれない
  • 辛くて体を壊してしまうときは逃げるべき
  • いつでも逃げられるように転職活動の準備をする

会社が辛いときは、気持ちが後ろ向きになってしまいます。

「逃げる」という選択肢を持っていることを、しっかり理解して行動しましょう。

転職活動をはじめるだけで、選択肢を持つことができて精神的に楽になりますよ。

おすすめの転職エージェントを紹介しますので、無料で登録して、あなたに合う仕事を探してみて下さい。

スポンサーリンク




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

営業職をしている30代の会社員です。
当ブログでは、仕事、転職、子育てについて経験や勉強したことを発信していきます。
よければ、お役立てください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる