おすすめの転職エージェント一覧はこちら

【電話から休日を守る!】仕事の電話を休日に受けないための2つの本気対策!営業職の私が教えます

会社が休日に仕事の電話に対応させることは、違反行為だなんて、今や常識ですよね?
しかし、電話への対策方法を調べても、結論は「休日に仕事の電話には出なくていい」という情報ばかりです。

「そんなの知ってるよ!」と、情報リテラシーが高い方なら思うでしょう。

待ちに待った休日の時間を、電話一本で奪われたくはないですよね?

あなた
あなた

休日の仕事の電話は、本当は対応しなくていいなんて知ってるけど、仕事柄頻繁にかかってきて困っている。何か対策はないかな?

主に、上記のような、休日にかかってくる仕事の電話に対しどう対処していいか困っている悩みに答えていきます。

結論からお伝えすると、会社と取引先により、対策方法が異なります。
電話を0にすることは難しい場合がありますが、対策して電話の数を減らすことはできるはずです。

私も営業職で、休日の電話には悩まされましたが、本記事の内容を実践して、ある程度悩みをクリアできました。
ぜひ参考にしてみて下さい。

目次

休日に仕事の電話に出なくていいなんて常識

労働基準法により、休日とは、労働者が労働義務を思わない日と定義付けられています。
つまり、休日に電話一本であっても対応する義務はなく、対応しないからと言って罰則を受ける必要はないのです。
しかし、情報があふれている昨今、ここまで明確にとはいかなくても、休日に労働を強制されることがおかしいということは誰でも分かることですよね?

問題は、上記のような法整備がされているにも関わらず、休日に会社や取引先から電話がかかってくることなのです。

特に、休日の電話に出ないだけで「なぜ電話にでないんだ!」と怒ってくるステレオタイプの上司は、まだまだいます。
このタイプには「それ違法行為ですよ」なんて言ったら最後、徹底的にやり返されるだけでしょう。

次章からは、「休日に仕事の電話がかかってきても出なくていいのは知ってる。でもかかってくるから困ってる。」という方へ向けて、かかってくる電話を減らすための考え方や、対応方法を順に紹介していきます。

休日に仕事の電話に出ないと困ること

あなたがせっかくの休日に仕事の電話に出てしまうのには、理由がありますよね?
電話に出ない場合にさまざまな影響がでてしまうことを心配しているからです。
では、どういった心配事があるか考えてみましょう。

トラブルが起きるのではないかと不安

あなたが電話に休日に会社や取引先からの電話に出ずに、トラブルになることは一番怖いことですよね。
少し対応していれば、大きな問題にならないこともたくさんあると思います。

しかし、対応を怠ったばかりに、顧客からはクレームが来て、会社からは怒られて。。。
今よりも、休日に電話に出ないわけにはいかない状況になります。

上司の機嫌を損ねてしまう

休日に会社から電話があった場合、誰からの電話が一番困りますか?

上司ですよね。

同僚なら後日フォローすれば済むことが多いからです。

しかし、上司はかんたんにフォローすれば済むわけではないことが多いでしょう。
一度機嫌を損ねてしまったばかりに、上司からの風当りがきつくなり、職場にいづらくなってしまう可能性があります。
そうなると、会社にいくことが嫌になってしまいますよね。

自分の評価に影響する

自分の評価をするのは、会社の上司です。
上司の機嫌を損ねたことが原因で、望まぬ評価を受けることになる可能性もあります。
給与に影響したり、左遷や無茶な異動辞令を受けるのはいやですよね。

取引先から信用を失うかもしれない

自分が休みなのに、取引先が動いてることは、よくあることでしょう。
その場合は、顧客は気にせずに電話をかけてくることがよくあります。
大事な顧客からの電話に出なければ、信用を失ってしまい、仕事がもらえなくなる、、、なんて考えてしまいます。
特に営業職の場合は、自分の売上を失ってしまうことにもなりかねませんので、尚更電話に出ずにはいられなくなることが多いですよね。

休日の仕事電話に出ないための考え方

本章からは、対策について紹介してきます。
まず初めに、休日の仕事の電話は、「出なくていいもの」ではなく、「出なくてもいいようにするもの」だと考え方を変えて下さい。
法律で出なくていいからといって、受け身の状態でいても、状況は変わりません。
現状に不満なら、自分で状況を変えるように思考や気持ちを変えるのです。

自分の時間は自分で守る

働き方改革、ジョブ型雇用、終身雇用制度の崩壊など、労働者にとってもニュースはいろいろあります。
そんな中で、「会社は守ってくれない」という言葉もよく聞くようになりましたよね?

特に、ジョブ型雇用はより成果を求められる可能性があります。
従業員には、みなし残業代を払ってるから、残業や休日の仕事も要求する、なんて企業もあると耳にします。
「会社は会社を守ります」では、自分のことは誰が守ってくれるのでしょうか?

そう、自分なのです。

自分がいなくてもいいような仕組みを作る

責任感が強い方程、休日の電話に出なければ皆が困る!と心配になってしまいます。
後、「皆が働いているのだから、自分だけ休んでいるわけにはいかない」と考える方も多いでしょう。
日本人は、同調圧力に弱く、「皆と違う状況」にすぐに気持ちが負けてしまいます。

では、考え方を変えて、自分がいなくても困らない環境を作るのはどうでしょうか?
物の置き場、決まっているような対応の方法などは、マニュアル化できますよね。
それも立派に、仕組み作りに貢献していることになります。

上司の立場を理解し対処する

職場の雰囲気や、人間関係は会社選びのときに、多くの求職者が心配する条件です。
それを、電話に出ないだけで自分から失うことは、もったいないと感じますよね。

それなら、上司の機嫌を損ねないように、休日の電話に対応していってはいかがでしょう。
ある程度、上司の立場や思考をイメージすれば、休日に電話をしてくる理由が分かり、対処することができるかもしれません。

取引先の信頼を失わないように対処する

特に営業の場合、顧客からのクレームは自分の売り上げを失う可能性があり、また間接部門からすると、面倒な要件を追加させられる恐れがあります。

つまり、顧客からのクレームは、どうしても避けたいことなのです。

しかし、顧客は業者が休日でも電話をとることは普通だと考えている会社もあります。
そういった会社は、もともとブラックなことが多いのですが。
取引先からの電話を減らすことができれば、あなたの負担はグッと減ることになるでしょう。

休日の電話を受けないための対策1 取引先編

営業やサービス業の場合は、自分の休日に取引先が動いていることがあります。
顧客が困ったときに、対応できなければ、会社の信用を失ってしまいます。
そうならないために、できる対策を行っていきます。

取引先へ休日を知らせる

そもそも顧客に休日を知らせていない営業が多いようです。
世間一般で土日が休みだと言っても、電話したら出るのですから、顧客も電話をかけてしまいます。


私は対策として、営業資料や、コミュニケーションをとるメールの文末等に、休日や営業日はしっかりと明記しました。
休日案内例:「お休みに関して:当社は土日祝は休業日となっております。
恐れ入りますが、休日にお問い合わせをいただいた場合、対応が翌営業日となることがありますので、あらかじめご了承下さいませ。」


道徳心のある顧客の担当者は、「休みだから電話はやめておこう」と考えてくれます。

シンプルですが、この方法である程度の電話を減らすことができました。

ここで誤解しないでいただきたいことは、対応できない休日を知らせるのも、サービスの一つということです。休みの日に連絡を貰って、中途半端な対応をしてしまうより、営業日にしっかりと対応するメリハリを付けていると考えて下さい。

休日のときにはメールでの連絡をお願いする

あなたや、あなたの会社の休日を案内したら、そのときの連絡方法も一緒に案内しましょう。


「休日は先約が入っていて、電話に出られないことも多いため、御用の場合はメールでいただけますか?出社したときに、すぐに確認します」とお伝えしてみて下さい。


顧客の担当の中には、「電話の方が早いから」「連絡と言ったら電話」と考えている方も一定数います。
上記のように、さらっとメールで連絡をいただくこと&確認は基本出社したときだとお伝えすることで、こちらのスタンスを理解していただきます。

お願いをするときに注意が必要なことは、「緊急のときは電話してもいい?」と言われたら、ためらわずに「緊急のときは遠慮なく電話して下さい」と答えて下さい。

電話していいと伝えてしまうと、電話がかかってきそうで怖いですが、取引先は万が一の手段を確認しているだけなので安心してください。

正直、ここまでお伝えしたら、ある程度、緊急以外では電話が少なくなりました。

問題があった場合の対処法をあらかじめ打合せしておく

顧客の担当者とは、可能ならば緊急の場合の対処を打合せておきましょう。
調べればすぐに分かることでも、遠慮なく電話してくる顧客は多いです。

あなたが顧客の場合、困ったらすぐに電話をする場合と、少し自分で調べる方のどちらが多いですか?

例えば、緊急の場合の対処マニュアルをあなたが作成して、顧客へ渡すことにより、顧客はあなたに電話をする前に、少し調べてくれるかもしれません。

私はかんたんですが、想定されるトラブルを資料にまとめて顧客へ渡しています。
自分が対応できない場合の対処法を案内すること自体、しっかりとしたサービスです。

緊急の電話のみかけてもらうようにする

上述の3点で紹介した通り、ここまでの時点で顧客からの電話はある程度減らせるはずです。

すると、緊急度が低い電話がかかってくる可能性が減るため、残りは緊急度の高い電話ということになります。


緊急度の高そうな電話は、諦めて出ましょう。

業種や職種によって、本当に緊急の場合は、すぐに対応しなければならない場合があるからです。(例:施設管理をしていて職場が火事になった、担当する現場でケガ人がでたetc…)

しかし、日頃の対応をしっかりと行っていれば、緊急度の高い電話以外は少なくなります。
営業日はしっかりと顧客の対応や即レスを心がけて、信頼関係を築きましょう。

休日の電話を受けないための対策2 会社編

休日の会社からの電話は出なくても問題ないと前述しました。
しかし、電話に出ないと自分の立場が悪くなる可能性があるのが実情です。
そのため個人的に、取引先よりも会社からの電話の方がやっかいだと感じています。
本章では、私が行った対策と休日の電話対応について紹介します。

上司とコミュニケーションが取れる場合は素直に相談する

休日に電話をしてくるのが、上司の場合です。

あなたと上司の関係性にもよりますが、相談できるならそればベストです。

「オンオフのメリハリができなくて、最近体調が良くなくて、、、」と切り出してみると、理解のある上司であれば休日の電話を控えてくれるでしょう。
このタイプの上司の場合、少し深刻そうに相談すると、ある程度の理解が得られます。
上司自体、周囲が休日の電話をどう感じているのか分かっていない場合があります。
休日に仕事しても平気なタイプは一定数いますからね。

相談してすぐに改善してくれる可能性があるなら、素直に相談してみましょう。

一回目の電話はスルーする

鉄則ですが、休日に会社から電話がある場合、すぐに出ないようにしましょう。
一回目の電話はあえてスルーするのです。

即対応ばかりしていると、それが当たり前になってしまいます。

今時、相手が電話に出なければ、追ってメールやチャットを送ってきます。
すぐに対応が必要そうかは、そこで内容を判断するのが良いです。

しかし、年代が高い相手の場合、電話だけでテキストベースの連絡が来ないこともあるでしょう。
「要件はなんなの!?」となってしまいますよね。
その場合は、少し様子を見ながらこちらからメールやチャットで「今電話に出られない状況です」と伝え、要件を聞きましょう。

内容が分からないままだと不安な方は、この方法で解消されると思います。

メール文参考例
「お電話いただいており、大変失礼しました。
今電話に出られない状況なので、お手数おかけして申し訳ありませんが、メールをいただいてもよろしいでしょうか?」

要件はメールでもらうようにお願いする

職場内で、あらかじめ休日の連絡方法を取り決めておいてもいいでしょう。
私は、相談できる場合は積極的にしています。

例えば、次に出社したときの指示や、目的がリマインドの場合は、メールやチャットで連絡をする。
本当に緊急度が高い場合は電話で対応する。等です。

メール自体嫌ですが、確認するだけでいいならば、電話よりは気が楽な方が多いハズです。

現場の問題を解決する仕組み作りをする

あなたが上司の場合、部下から対処できない問題について連絡が入る可能性があります。
それは、そもそもの体制に課題がある可能性があることを知っていますか?

部下が休日でも、「分からなければすぐに上司に確認する」「問題が起きたらすぐに上司に相談する」と考えている場合です。(報連相が大切なことは前提です)

しかし、あなたがいなくても、現場の従業員だけで問題を解決するように教育をしましたか?
上司の仕事は、職場の仕組みづくりでもあります。


休日の上司が電話をバンバン受けることは、頼られているのではなく、部下に自分たちで解決する教育ができていないことになります。

それでも休日に仕事電話が続くようなら相談する

とはいえ、休日に電話が頻繁にあること自体、何かがおかしい状況です。

会社の体質、業界的な問題など、要因はさまざまですが、自分の体や気持ちが消耗するくらいなのであれば、上司に相談してみましょう。

特に、休日の度に電話がくるようであれば、体も心も休む暇がありません。

休日は、心身共にリフレッシュする自分のための日です。

一部、休日に対応してこそ一流だという謎理論を振りかざすブラック社員がいますが、あまり周囲の声を聞かない方がいいです。
周囲が仕事してるからと言って、休日にあなたが仕事をする必要はないのですから。

状況が変わらなければ危険信号

上司に相談して、業務的に状況を変えることができないようであれば、環境を変えることも選択しの一つです。

  • 休日の対応を強制してくる会社
  • 慢性的な人手不足
  • 離職率の高い環境


上記のような環境で、あなたが困っているような、休日の電話対応が変わると思いますか?
もちろん、初めからあきらめずに、なんとか状況を変えようとする努力は大切です
しかし、個人の力では限度があります。

そこはブラック企業かも

あなたの勤める会社が、休日の電話対応を強制してくる場合は、ブラック企業の可能性があります。
なぜなら、休日に仕事を強制することは、パワハラに該当することだからです。

そのため、多くの会社は同調圧力や状況を利用して、社員に休日に対応するように仕向けているのです。

お客様に迷惑をかけるなんて絶対にダメだ!

あなたがやらないと、他の人が迷惑するのよ

上記のような発言を聞いたことがありませんか?
こんな風に言われると、なんとなく正論なだけに、反論できなくなりますよね。

私も、社会人なりたての頃にブラック企業で働いていたときは、上司からこのように言われて、過度な残業や休日出勤を当たり前に行っていました。

しかし、社員のことを考えない会社が、果たしていい会社なのでしょうか?
休日に仕事を強制して、消耗させて、離職しても次の社員を補充すればいいなんて考えている会社は、まだまだ多いです。

状況が変わらず、体調を崩す前に、労基などに相談したり、会社に正当な報酬をもらえるように申し出をしても良いでしょう。

自分の今後のキャリア、ワークライフバランス、健康のことを考えて、働く環境はしっかりと考えるべきですね。

まとめ

休日の仕事の電話への対策まとめ
  • 休日に電話を受けたくなければ、自分で状況を変えるように行動する
  • 休日に仕事の電話を受けないために取引先へ休日の案内をする
  • 会社からの電話がかかってこないようにするために仕組を作る
  • 自分で対策をしても状況が変わらなければ上司に相談する
  • 休日の電話対応を強制されたら働く場所として危険信号

業種や職種柄、電話を受けなければならない状況は多くあります。

しかし、私は、自分の時間は自分で作るべきだと考えています。
そのため、本記事の内容は、自分で取るべき行動を中心にまとめました。

ここまで行動しても状況が変わらない場合は、労基へ相談したり、転職を視野に入れましょう。

本記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまた!


スポンサーリンク




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

営業職をしている30代の会社員です。
当ブログでは、仕事、転職、子育てについて経験や勉強したことを発信していきます。
よければ、お役立てください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる