おすすめの転職エージェント一覧はこちら

【レビュー】dodaのキャリアタイプ診断【自己分析が簡単にできる!】

あなた

dodoのキャリアタイプ診断の特徴や、どんなことがわかるのか知りたい
自己分析がうまくできなくて自己PRが思いつかない
どんな人がキャリアタイプ診断を使うべき?

上記のように、転職活動でdodaの利用を検討している方や、自己分析が上手くできずに困っている方の悩みにお答えします。

dodaのキャリアタイプ診断は、単なる性格診断ではありません。

診断結果をもとに、あなたにどんな働き方や、会社の風土が合うのかまで、知ることができます。

本記事では、dodaのキャリアタイプ診断を実際に利用した感想を紹介していきます。

dodaは、無料で利用することができるので、気になる方はぜひ公式サイトから登録しましょう!
目次

キャリアタイプ診断とは?

dodaのキャリアタイプ診断は、120の質問に10分程度で答えるだけでできる自己診断ツールです。

5つのカテゴリーについて知ることができます。

A 性格・気質傾向

積極性、外向性、柔軟性、配慮・サービス製、機敏性、緻密性の6つのスコアを計ります。

強みと弱みのポイントを具体的に知ることができますよ。

100点満点で評価され、分かりやすいグラフで見ることができます。

自己PRを作るときに役立ちます。


B 能力傾向

問題解決、学習、行動・実行、処理・対応、状況判断、コミュニケーションの6つの能力診断します。

自己PRを作るときに役立ちます。


C 行動基準

あなたが、何を基準に行動するのかを診断します。

「相手のニーズ」「自分自身のポリシー」「組織の目標達成」などから自分の軸を知ることができます。


D あなたに向いている仕事スタイル

診断結果をもとに、「リーダーorサポートタイプ」「一人で仕事を進めるorチームで進める」など、どんなスタイルの仕事が合っているのかが分かります。

志望動機を作るときに役立ちます。


E あなたに向いている企業風土

診断結果をもとに、「成果主義or年功序列」のように、どんな風土の会社に合うのかを知ることができます。

志望動機を作るときに役立ちます。

よくある自己分析ツールと違い、診断結果をもとに、自分に合う「仕事のスタイル」「会社の風土」を具体的に知ることができます。

仕事を探すときに、「やりたい仕事がない」「どんな基準で仕事を探せばいいか分からない」ことがありますよね。

キャリアタイプ診断の結果を活用すれば、具体的な仕事のスタイルや、会社の文化にまで視野が広がるため、仕事を探しやすくなります。

dodaのキャリアタイプ診断のやり方

キャリアタイプ診断は、dodaの登録者限定のサービスです。

doda自体は無料で登録から利用ができるので、まずの公式サイトから登録してみて下さい。


登録が完了すれば、マイページの画面に「キャリアタイプ診断」のアイコンが表示されているので、クリックします。

診断自体は、120問ありますが、すべて深く考えずに直感で答えていきます。

所要時間は10分程度なので、すぐにできますよ。

診断のときのポイントは、正直に答えることです。

自分を良く見せようとして、答えを選んでしまうと、自分本来の結果が出なくなってしまいます。

キャリアタイプ診断を利用した結果

実際に診断した結果はこんな感じでした。

性格・気質傾向は上記のような感じで見ることができました。

私は、積極性と柔軟性が強みで、配慮・サービス性が弱みのようです。

コメントもあるため、より具体的に特徴をつかむことができますね。

能力傾向の結果では、私は行動しながら学習していく能力が高いようです。

自分のこれまでの仕事の取り組み方を振り返ると、合っている部分があると感じました。

行動して、失敗しながら進むタイプなので、、、

反対に、問題が積み重なったときの処理・対応が弱いみたいですね。言われてみると、自覚があるなと気が付きます。


一部ですが、こんな感じで見れるという参考にしてみて下さい。

自分だけで自己PRや志望動機を考えているときよりも、要点を絞ってこれまでの仕事を振り返ることができました。

キャリアタイプ診断の結果の活用方法

キャリアタイプ診断の結果は、その後の転職活動に役立てることができます。

特に活用できるポイントがあったので、紹介します。

診断結果から具体的な自己PRを作ることができる

自分の強みや弱み、能力の結果から、具体的な自己PRを作ることができます。

自分の特徴がよくわかっていなければ、相手に説得力のある説明はできませんよね?

でも、自分の強みが柔軟性や行動力だとわかっていれば、そこから自分がしてきたエピソードが振り返られます。

「自分の強み」は、案外自分では恥ずかしくて「これだ!」と言えない人もいるでしょう。

でも、診断で出た結果であれば、客観的に受け入れることができ、自信を持ってアピールできます。

仕事探しの視野が広がる

診断結果を踏まえると、仕事が探しやすくなります。

自分に合う仕事のスタイルや、企業の風土がわかるため、仕事を探すときに漠然としなくなるのです。

また、自分と企業の接点を見つけやすくなり、志望動機を具体的に考えることができますよ。

よく「やりたい仕事がないな、、、」と悩むことがありますが、その場合は「自分に合う働き方」の方が重要なのです。

仕事を探すときに、仕事内容以外に目を向けることで、より視野を広く転職活動をすることができるようになります。

転職エージェントから自分に合う仕事が紹介してもらいやすくなる

キャリアタイプ診断を、dodaの転職エージェントサービスと合わせて活用すると効果的です。

同じdoda内のサービスのため、診断結果を共有することで、面談では伝えきれない自分の希望がアドバイザーに伝わりやすくなります。

それにより、自分だけでは思いつかなかったような適職を見つけることができる可能性が有ります。

キャリアタイプ診断を使うべき4つのタイプ

キャリアタイプ診断は、下記の4つのタイプのどれかに当てはまる場合は、活用することをおすすめします。

・仕事を探すときに自分に合った仕事が見つからない人

・自己分析が自分で上手くできない人

・客観的なアドバイスが欲しい人

・転職エージェントを効果的に利用したい人

転職活動は、自己分析を間違ってしまうと、望まない失敗につながることがあります。

自分にあわない仕事や会社に転職してしまうことがあるからです。

しかし、自己分析をしっかり行い、仕事探しの軸をしっかり持つことで、自分に合う仕事を見つけられる可能性が高くなります。

doda自体、無料でかんたんに登録できるので、ぜひ活用してみて下さい。

転職エージェントとしても活用できますし、キャリアタイプ診断以外にも適職診断や合格判定などのサービスも使えます。

自己分析や自己PRが上手くできずに困っている方は、登録しても損はありません。

早めに登録して、転職活動を有利に進めましょう!

スポンサーリンク




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

営業職をしている30代の会社員です。
当ブログでは、仕事、転職、子育てについて経験や勉強したことを発信していきます。
よければ、お役立てください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる