おすすめの転職エージェント一覧はこちら

長期入院が決まった!入院生活に必要な準備は?必需品から暇つぶしまで7種類を紹介!

ある日突然、長期入院が決まったときでも、手続きの方法は、病院から知らされるため、困ることはないでしょう。

しかし、実際に入院すると分かりますが、入院生活ではないと困るものが意外と多いです。

特に一週間以上の長期入院の場合は、ある程度準備していかないと、不便に感じるでしょう。

それだけ、日常でいろんなものを使っていたということですね。

本記事では、一週間以上の長期入院を想定して、入院生活に必要な準備物をまとめていきます。

娯楽や暇つぶしの、長期入院時の過ごし方も紹介していますので、暇しないためにもぜひご覧ください。

※飲料や食料は、入院の理由により栄養管理をする必要があります。そのため、入院する病院に持ち込みを確認する必要がありますので、あくまで参考にご覧ください。

目次

入院生活に必要な準備①衣類

◆下着

3~5日分は必要です。

◆Tシャツ

3~5日分は必要です。

◆パジャマ

2日に1回は交換するペースで用意しましょう。

◆着替えを入れる袋

なるべく大きい物を用意しましょう。使用した衣類をしまうのに必要です。

◆館内用のスニーカー

現在、サンダルは転倒防止のため禁止されてるところが多いです。

そのため、スニーカーを用意しましょう。

入院生活に必要な準備②日用必需品

◆カップ

飲み物を飲むのに必要です。

◆はし

食事の際に必要です。

◆スプーン・フォーク

食事の際に必要です。

◆シェーバー(男女共に)

清潔感のある身なりは、気持ちをリフレッシュさせてくれます。

◆タオル

結構使います。お風呂分と合わせて、1日2~3本は使うように用意しましょう。

◆目薬

院内は空調がきいているため、乾燥していることが多いです。

しかし、目薬は医薬品のため、持ち込みは入院時に確認しましょう。

◆耳栓

大部屋の場合は、場合によっては必須かもしれません。

特に、周囲のいびきや、環境が変わると気になって寝られない方は用意しておきましょう。

入院生活に必要な準備③風呂用アイテム

◆洗顔フォーム

気分をリフレッシュさせるためにも、洗顔フォームは用意しましょう。

◆シャンプー

必須の風呂グッズです。

◆ボディソープ

必須の風呂グッズです。

◆保湿剤(全身用)

風呂上がりに顔や体に塗る用に準備しましょう。

オールインワンなら1本で十分です。

おすすめはハトムギシリーズ。安いのによく伸びる良品です。

◆ボディスポンジ

体を洗う際の必須の風呂グッズです。

入院生活に必要な準備④消耗品

◆歯ブラシ

必ず用意しましょう。

歯磨き粉

必ず用意しましょう。

◆耳掃除用の綿棒

数本持っていく程度で大丈夫です。ティッシュにくるんで持っていきましょう。

ティッシュボックス

鼻をかんだり、口を拭いたり、こぼしたテーブルを拭いたり、結構いろいろ使います。

1ボックスは用意しましょう。

マスク

入院時はさまざまな免疫力が低下していることが多いでしょう。

感染症が流行っていることもありますので、1ボックスは用意して毎日付けられるようにしましょう。

消毒用ティッシュ&消毒スプレー

手の消毒アルコールは病院のあちこちにありますが、入院ベットの近くにはありません。

あまり歩き回れない手術の場合は、携帯用の消毒スプレーや消毒ティッシュを準備しましょう。

入院生活に必要な準備⑤娯楽

◆スマートフォン

もっていないことはあまりないでしょう。

◆携帯用充電器

意外と忘れます。慌てないためにもしっかり準備を。

◆ポケットWi-Fi(病院により使用不可)

スマホの契約ギガだけでは、長期の入院生活の娯楽に耐えられないかもしれません。

ポケットWi-Fiを契約して、ギガを気にせずにスマホでネットを使えるようにしましょう。

しかし、ポケットWi-Fiは病院により禁止されている場合があります。(私がそうでした)

事前に使用できるか確認した方がよいでしょう。

超高速!月間通信制限なし!端末代金なし!選ぶなら民泊Wi-Fi【famifi】

◆本

一週間程度の入院なら、数冊の本を用意すれば十分でしょう。

しかし、本は意外にかさばるし、荷物として重いです。

◆kindle

kindle一台あれば、読みたい本をダウンロードして好きな本を読むことができます。

もし持っていなければ、一台用意してみてはいかがですか?

◆動画サービスの登録

huleやAmazonprimeなど、月額定額で利用できる動画サービスが多くあります。

もしまだ未登録なら、一つ登録していくと、暇を潰せて良いでしょう。

◆kindle Unlimited

kindleを持っているなら、Unlimitedに登録しない理由はありません。月額980円(税込み)でunlimitedに登録されている本が読み放題です。

長期入院の時に、何冊も本を持っていくより、Unlimitedを利用してkindleにダウンロードしてスマートに過ごしましょう。

kindle Unlimitedを詳しくチェックはこちら

◆イヤフォン

テレビを観る時、ラジオを聞くとき、スマホで動画サービスを観る時に、とさまざまな場面で活躍します。

必ず持っていきましょう。

入院生活に必要な準備⑥食料

症状により、栄養管理の必要がある場合があります。

入院時に、必ず持ち込み可能かどうか確認して使用して下さい。

◆飲み物(500mlペットボトル)

飲み物は院内でも購入できますが、1本110円くらいします。

自分であらかじめまとめて購入するなどして、経費を抑えましょう。

◆ふりかけ

ごはんの味変におすすめの一品です!

いつもの白米が、驚きのおいしさに変わります。

最近は病院食も凝っているため、必要ないかもしれませんが。

◆食べ物

食べすぎには注意ですが、個人的なおすすめは素焼きのナッツです。

ロカボで、気にしすぎずに食べれます。

意外と、せんべいやクッキーは食べる音が気になるんですよね。

◆コーヒー、紅茶等の飲み物

飲み物は院内にも販売されていますが、種類が少なく、料金も毎日買っていると高くなります。

スティックタイプのドリンクや、インスタントのコーヒー等、あらかじめ用意しましょう。

繰り返しますが、症状により、栄養管理の必要がある場合があります。

入院時に、必ず持ち込み可能かどうか確認して使用して下さい。

入院生活に必要な準備⑦あると便利なもの

◆リップ

院内は乾燥しているため、夜などにぬるといいでしょう。

◆のど飴

同じく、乾燥しているため、対策に用意しておくと良いでしょう。

◆筆記用具

意外と書くことがあります。

そのたび看護師さんに借りるより、一本自分のボールペンを用意しておいた方が便利です。

◆ルームソックス

冷え性の方は用意した方が良いです。

自由に室温を管理できないため、気になることは自分で対策する必要があるからです。

◆かご(100均)

入浴時に道具を入れて持ち運んだり、病室で私物をまとめて置いたりします。

100均のもので十分なので、一つは準備しましょう。

スポンサーリンク




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

営業職をしている30代の会社員です。
当ブログでは、仕事、転職、子育てについて経験や勉強したことを発信していきます。
よければ、お役立てください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる